古い贈り物

by hi-vison_1103 | 2017-01-24 17:30 | tk-works

日本海側でフランス人



今回の移動の途中3線目。
たった2両しかない特急電車。

連休も入ってたけど、人はまばらで指定のこの車両も少ない。
私が乗ったときにはこの4人の方々はいらっしゃって話してました。
フランス語。
ここの真横が私。

e0001406_0343430.jpg


思いっきり聞き耳ズキーヌに変身。
トイレから戻った時に揺れたので
「すみません、ごめんなさい」と話したら
何、何、何?何故フランス語が。と言う感じで4人が一斉に私に注目。

旅行ですか?から私が始めて、暫くお喋り。
こんなところでフランス語、という事にみなさんニコニコしてくださって楽しいひととき。

どこを回ってるのですか、と私が聞くと
有名どこもあるけど、日本人にとってもなかなか渋い町ばかり。
すごいですねー、と私がそれぞれ驚くととても喜んでました。
もう少ししたら降りますとのことで、みなさんとサヨナラ。
一人一人、すごく丁寧に話してくれました。

運転席を臨む。左側に運転手さん。
これくらいに電車も渋い。
単線。
e0001406_0342746.jpg



日本人としてよくやった。
とオーバーに褒めてもらいました。
滞在先からのメールでノドグロを食べたのに敏感に反応してくれた工芸家。



日本語を学びに行って、フランス語の楽しいハプニング。
体力と費用はとても大変だったけど、ここのとこの詰まった4回。
他に得るものも多かった気がします。
by hi-vison_1103 | 2016-07-22 00:56 | うろごそ国内

届きました。毎年ずっと。何しても美味しい。
e0001406_23531882.jpg



身内の不幸や他のトラブルの何もないけど
今回直前でキャンセル。前回から飛行機のクラスを上げてたので人生で最高額のキャンセル料になりました。
4日に発つ予定でその3日前に全てキャンセル。ほとんど戻らないのは当たり前。


出発の2週間くらい前にメール。
一人の文学者の方からでした。
「今度、多くの知り合いが集まりますが都合がつけば是非参加下さい」
綺羅星軍団。
何度か行ったことのある小京都のひとつ。
まだまだ先だけど、行きたい気持ちがムクムク。
でも、参加するなら下調べを山ほどしたい。
こちらの方も前期の私の希望をまだ伝えていません。1週間にそれぞれ1回だけの私にとてもよくして下さる。

「うろごそ」してて、帰ったときのことばかり考えたら本末転倒。
行けるけど、帰国後の疲れが残ったまま次の準備をすると、これからの全てのずっとが
少しずつの中途半端をリレーしそうでした。

いや〜、悩んだ悩んだ悩んだ。
でも、一人で決断。
留守する9日間をこれからの準備に当てる。

大魔王に今回キャンセルしたよ、というと
「えーーーーーっ」でした。

でも、やっぱり私はスッキリ。
ホントにしたいことが自分をひっぱるものだなぁ、と。
ちょっと本気。
また働いて貯めよう。
by hi-vison_1103 | 2016-05-10 00:37 | tk-works

宝石果実 2016春

これに続いて、おいでませ。

ウマ濃い。

もとの果実の出来具合は毎年で違うので大変だと思います。
苦心して丁寧に作ってるのがお便りからも。
まずは、それぞれをスプーンで。
旨くて濃い。

e0001406_18162061.jpg


一生懸命勉強した成果。経験した成果。
当時、修行中の話はとても興味深いものでした。
丁度息子がCamperの革靴を買ったときに偶然縁さんもご当地で買ったという話をよく思い出します。
by hi-vison_1103 | 2016-02-24 18:22 | 食べ物

宝石果実・秋

秋バージョン。桃.
いらっしゃいました。


桃3種類ですが、全然違います。

これは本当に黄金ですが、ほかのも旨い。

e0001406_21283975.jpg


発売と同時に完売も。

パンにもつけるけど、大さじ1杯くらいを小さなグラスに盛ってデザートの時もウチは多い。
このシリーズを食べる度に、YUKARIさんの格闘技のような留学時代の修行を思い出してしまいます。
毎日の記事が同時進行のようでホントに楽しみでした。


家庭の味も美味しいけど、こういう複雑な美味しさはたまの贅沢。
by hi-vison_1103 | 2015-10-01 21:37 | 食べ物

おにぎり棒

今日は家で小さな工事があったのでお二人に。
同じ人に来てもらってます。
おやつの代わりに、帰りに車の中で食べてと渡すいつもの。
ウチの玄米を七分に精米して、一番いい焼き海苔でぐるっと巻く。
中はここの梅と
ここの塩。

e0001406_0354049.jpg

私が玄米菜食風を始めたころは、有機無農薬(有機栽培の事)というのをよく理解していませんでした。
完全無農薬くらいに思ってました。
浅はかでゴザイマシタ。


でも、そのころ色々教えてくれた友人が
有機栽培というのは
「一定の農場のほ場で2年間以上(多年生の植物から収穫される農作物の場合は3年以上)、無農薬(化学合成農薬無使用)、無化学肥料(有機質肥料)で栽培した農産物」

栽培するときに農薬を使わないというのはどの土壌でもできるけど、
農業としての有機の土壌を持つって本当に大変なことだと思いました。

私は一番好きなのが玄米で一番長く丸ごと食べるのでそれだけはずっと有機栽培。
1年前払いなので、びっくりな諭吉さん群とのお別れ。
でも買えることがありがたいです。

海苔はな、な、なんとご兄弟がよく知られた海苔会社の社長さんなので、私も厚かましく、直接注文させてもらってる果報ものです。
しかし、いつもパリッパリで上等を送ってもらってます。
玄米も実は彼女のご縁で、365日、足を向けて寝てません。
こんなすごいことってあるんだなぁ、です。
by hi-vison_1103 | 2015-09-25 00:50 | 食べ物

無花果のバター焼き


毎年してることは同じだけど、少しずつ上手くなってきているような錯覚。
無塩バターで焼いただけでなんとウマい。
e0001406_1815115.jpg


バターと塩だけ。
季節のモノはなにしても美味しい。
by hi-vison_1103 | 2015-08-27 18:19 | 食べ物

贅沢な味見

by hi-vison_1103 | 2015-03-18 17:18 | 食べ物

宝石果実・皐月

by hi-vison_1103 | 2014-05-19 16:48 | 食べ物

少し似ている

干しリンゴはそのままでも美味しい。

干し椎茸と同じように、味が濃いかも?と白ワインなどで戻し煮る。
多分、似たモノを食べた時はシナモンはなかった記憶が強くってこのまま。
うろごそでもって帰ったバターと塩で。

濃くて甘くて香りがほんとにいい。


e0001406_17275799.jpg

by hi-vison_1103 | 2013-12-17 17:29 | 好き、の手描き

いろいろ兼業主婦・自営業のパパさんと二人暮しHNはクロエ・くろべ~


by hi-vison_1103