宝石果実・弥生

到着。

やっぱり複雑な美味。
フレッシュなだけでなく、修行した味。努力した味です。


e0001406_2155332.jpg


「甘平」と「はれひめ」
どれだけの手間だろうと思います。
パンに食事に綺麗に頂きます。
by hi-vison_1103 | 2015-03-13 21:10 | 食べ物
風邪で実家に居た時に友人からの電話でなんとなく以前どこかで聞いた名前が。
私が大学生時代に時々会ってた他大学の人。
ま、ま、まさか・・でした。
その連絡先を聞いてコンタクトが取れました。
私の里とはまったく関係ないとこに住んでるのに、です。
e0001406_17555987.jpg

大学時代にずっと引き継がれてるバイトがありました。
それを続けていかないと、下級生にも必要なので誰かが。
その年は私が一番時間があったので、私。

塾のようなものだけど、資格を取りに東京へ。
角栄氏の近くの研修センターで外にも出られずに3日。
そして、地元に戻りその働き先へ週数日。

その職場で出会ったのがFUJIKOさんでした。
私が今までで一番びっくりするような美人でした。
そこに来るとみんな思わず見とれてしまう。
映画女優のような感じ。ざっくばらんなとこがまたカッコ良くて。
気が合って引き継ぎの時にいつも喋っていました。
彼女から、美学を学ぶ為にいつか大学院へ行くことを聞きました。
美人が美学、と当時思ったことを覚えています。
そのあと学芸員になって、手紙のやりとりを細々と続けてていつのまにか住所がわからなくなってしまいました。
結婚したての頃電話とったら
「声まで美人てわかるよ」と大魔王。
同意。



私だけどわかる?
もちろん。
で、いろいろやりとりしたら今朝、昨日出かけた先のお土産送るね、と彼女からメール。
長い空白の後、一気にあの頃に戻ってしまいました。
今の私には丁度彼女のような人に聞きたいことがたくさんあって
巡り会うと繋がってくるって本当だな、とおもった年明けでした。
by hi-vison_1103 | 2015-01-05 18:20 | クラフト・アート

真夜中の楽園

老親の色々な手伝いが始まって少なくとも5年以上。
最初は双方の両親だったので4人。
義父、父を見送っての今です。
e0001406_16532148.jpg

大魔王と共通してるのは
なるべく気持ちはそのままに。

身体の事を考えたら夜更かしは?だけど、やっぱりやりたいことは集中できます。
私は定時出勤はないので、午前2時3時まで起きてても、弁当と朝食を作っても一度布団へ。
そういう事ができます。
大魔王も、「〜はやる気にならないから、やめよう」というと結構大事なことでも
「いい、いい。やめていいよ」等々。


ここ数ヶ月は仕事に必要でもっと知りたいことが出てきました。
それにはこの人とこの人とに聞きたい・・と思う事が多くなって、封書で直訴。
見ず知らずのプロに。
三者三様、いいですよとか、来て下さい。
私の白地図は色んなところにまだ残ってる気がしました。

めぐりあうと繋がってくる。
私の近くの若い人(♀)の名台詞。
納得。
今夜も資料読み。
by hi-vison_1103 | 2014-12-25 17:14 | tk-works

助ける・助かる

夏の義母の長い危篤からの蘇りや私の母の2度目の手術などで、こまごまとしたことが
まだまだ続いています。
通うところも欠席が多くて先生に自分で見つけてレポートを出していいでしょうか、と昨日メールで。
先生ご自身も大学の仕事が今年の春から山と増えてて、私もお尋ねするのが正直申し訳ない、でした。
でも、「是非そうして下さい。こちらからお伝えできずにすみません」との事でした。
それプラス、こういうのはどうでしょう、と別の提案も。
助けてもらいました。

e0001406_1711102.jpg

意外とシニアで科目履修をしてる方を目にします。
励みにもなります。

私は分類をあまりせずに色々を全てノートに書き出しています。
その一部。
同じノートにしてるので、パラパラ捲れば、すぐに分かります。

作家さんもご存知なこのノート。
落としてもたいしたこと書いてないので、書きなぐりも平気。

大魔王曰く
「ここまで書き出してアウトプットしてるから君は楽なんだ」

と私が忘れ事もよくするのを実感の世帯主さん。

日記では無いけどほとんど全てを書き連ねてるので、自分自身の空っぽさはすこぶる気持ちいい。
後からみると、こんなに深刻に考えてたんだ、というのも別に今となってはたいしたことなかったり。


学び関係は一切書かず日々のメモのみ。
紙に書くというのは案外気持ちもいいものです。
by hi-vison_1103 | 2014-12-17 17:19 | オバ学生

川から小川へ

購読を始めて3ヶ月目くらいになりました。
面白い。
意外に全国からお問い合わせあるんですよ、と担当の方。
違う土地で読む新聞もまた楽しい。
以前はうんと南の島のレアな新聞をとっていました。
e0001406_13565031.jpg

大魔王はPCを使いません。持ちません。
義父の診療所を継ぐまで、大学病院ではちゃんと使ってたのでオンチでは一応無く。

2年前にきょうだいから義母の色々で携帯電話を持つ事に。
私と違って、着信があっただけでものすごく心配する。
ほんとに急用なら私にも連絡あるから、と分かってても。
夫婦で一緒にコンサートに行った時も着信ありの心配ぶりにお二人ともびっくりしたぐらい。

1ヶ月前に、きちんと説明して携帯を解約したらいいと思う、と。
うん。と言う事で解約しました。
1週間後、言ってくれてありがとうと車の中で。

良い悪いで無く、向き不向きはありそうな気がします。
PC無くでも、会務そのた全部滞りなく出来てるし
息子は2011年に思うとこがあって携帯解約。
以前より佇まいがよくなったと思うし、困ったことも今までもありません。


ウチの場合は液晶に向かう時間やデジタルに関わる時間をうんと減らして
生活の流れがかなり良くなりました。


書き込んだり、折ったりするので、図書館は使わず買うことが多いけど
それはそれで楽しいし、ちゃんと処分も。

ここ数年で情報を狭めて動きが楽です。
by hi-vison_1103 | 2014-12-14 14:10 | 本・映画・音楽

前途洋々くん

e0001406_17415749.jpg

私は実家に帰ったり、ここの嫁仕事があるのでよく欠席をします。
担当の先生はそれを承知で手助けして下さるので履修も申し訳無く思いながら続けられます。

前期も欠席が多かったので、試験は全力で頑張りました。
いい反映が出来てホッ。
しかし、後期はなかなかでござる。

特に1人、さすが、という男子学生がいて、やっぱりみんな本気な大学生。
こんなに出来なさを痛感できる機会は普段に無いので面白い。

(小学生だったMちゃんが美しいお姉さんになってて感動しました)
by hi-vison_1103 | 2014-10-07 17:52 | オバ学生

嬉し過ぎる葉書

e0001406_1295537.jpg

この辺りの数日間に
偶然に尊敬する著者に会うことができました。

直接話す事も出来て、その時に10年くらい前のと今回賞を取られたのを送って下さることに。
暫くして、2冊到着。送料も税も結構なので書籍代だけ、とありました。

直ぐに送ってお礼状も。
私が感動した去年の評論の一部分のことも書いて。

2週間くらいしたら、ご本人から手書きで返事を頂いてしまいました。
「去年の自分の書いたものの一節に反応して下さって、びっくりしたと共に大変嬉しかった」等々。
小さな文字でたくさん書いてあって、もう宝物のように毎日持ち歩いてヨレヨレです。


初めて会った人に特にメールアドレスを手書きで伝えるのが難しいな、と思って以来名刺にしました。
今回はたくさんの人と知り合えたので、名刺は本当に便利でした。
しなければならない事は増えても、本当に好きなことはどうにかしてでも続けられる不思議。
by hi-vison_1103 | 2014-10-01 12:27 | tk-works

ほんとに楽しみに待っていました。
読み応えたっぷり。
折ジワたくさんで膨れています。


e0001406_14512612.jpg


フリクション、気になるなぁと思った時に到着。
びっくり。
文具好きにはたまりません。


昨日の女性の先生の授業も難しかった。
今週の男性の先生も、提出したものを、普段は添削してもらえるのだけど
「もう一度整理してみて下さい」とそのまま渡される。
がーん・・・

大魔王曰く、君の本気にちゃんとつきあって下さってるんでしょう。
ふむふむ、ふむふむ
by hi-vison_1103 | 2013-05-31 14:51 | オバ学生

私の桜

後期試験はちょっと頑張ったら
先生は特Aの成績を下さいました。
去年の前期は実家の急用で受験できなかったら
「放棄」という文字が成績表に。
ちょっとドッキリしてしまいます。

e0001406_181735100.jpg

春の新学期は教室に入ると大学生達が、え?という雰囲気に。
でも受け入れてくれる。

今年の学年もいい感じ。

ライブな大学生と一緒の時間はかなり嬉しい。
同じ先生なので、今日はちょっと厳しいアドバイスを頂きました。
私も気になってたとこなので、ちゃんと見ててくれるのが有り難い。


今週は新・新・新、が色々続いてやっぱり春。
by hi-vison_1103 | 2013-04-08 18:22 | オバ学生

禁断の扉を

10年くらい前の本を取り出してます。
私はカバーを外してしまいますが、
古いのに、これは残してます。

「いつもこころに文法を」
にホントに笑ってしまいます。
この著者のエッセイはずっと好きです。
e0001406_044820.jpg


ついに開けてしまいました。
by hi-vison_1103 | 2013-04-04 00:48

いろいろ兼業主婦・自営業のパパさんと二人暮しHNはクロエ・くろべ~


by hi-vison_1103