春学期

e0001406_21165391.jpg


「今期も休む事多めになりますが」・・・で受講を受理してもらいました。
教務のスタッフも同じ人でありがたい。


国際交流課で働く女の子も三期同じクラス。
モーチベーション(私がオバちゃんなのに、多分)見習いますと言ってくれる。
私がまだまだ実家の色々もあるので、小さなことを拾っていくね。とメール。


返信がホントに可愛らしかった。


「小さい事、一緒に拾っていきましょう。のほほーん、楽しい、で終わらせないぞ」









本文のまま。
by hi-vison_1103 | 2018-04-10 21:27 | オバ学生

指導者に恵まれている事

去年の4月から1日も休まず、の記録更新。
本当にいい先生につくことができました。

e0001406_18194925.jpg




家で一人で出来るということ。
外に出かけてもできるということ。
荷物は若干増えても。
それでも指導してもらえる。


指導料の10倍は教えて頂いてると思います。
大型の分厚いノート、すでに4冊目。



手で紙を触りながら、手書き。
アナログ、やっぱりいいな。







始めた前後から70代前後の方々といろんな都道府県で会う事話す事が多くなりました。
目から巨大ウロコがぼろぼろ落ちる日々。
イメージの大転換。
ICレコーダーを持ち込みたい、とその場でいうと大笑いされてます。
この一年は大きいです。



by hi-vison_1103 | 2018-04-03 18:25 | 日本語

武者修行

春の行事後、武者修行へ。
3日間の遠征。

e0001406_18563848.jpg








今回は片道7時間。
行ってよかった。
会いたかった作家さんにもゆっくりと夜まで話が出来ました。



見知らぬ駅の弁当の楽しみ。
どんなことでも、ご当地のもので。
by hi-vison_1103 | 2018-03-14 18:56 | 日本語
石牟礼道子さん、逝去。
これから新しいものを読めないのが残念すぎる。


e0001406_18113296.jpg

石牟礼道子さんと言えば原田先生。

大魔王と私の本の好みはとても違うけど、これを私が昔買った時は一気に読んでいました。
「こんなすごい人達、いるんやな」
対談集。
原田先生も既に鬼籍。

明日の日曜日の真夜中に再放送。
by hi-vison_1103 | 2018-02-17 18:11 | 日本語

今月から31年目



通訳と翻訳を仕事にしてる同級生をきっかけに外国の就学困難児童を支援してます。
記念の誕生月から初めて、先月で丸30年。

今はこの少女です。
今回の年度末報告書に写真が2枚添付。
もう一枚はお母さんと。
e0001406_17201353.jpg


働く意欲を無くさないような支援の域で。
数年経って家族が自立できるようになると、次の子供に移ります。



直接支援する子供の事は年1回の報告が詳しくあって、数回は全体のレポートが届きます。
色んな国の色んな子供の事情が分かります。
長く活動してる大きな団体なので、支援者への説明が密です。


以前の働いてるときより、今は働いてないし7年まえから本格的に始めたこともあってその時から月額マイナス2000円だけど、出来る限りは続けるつもりです。


生活の中で学べることはたくさんあるけど、子供は学校で学ぶ機会があったほうがいい。
運動靴や文具を買ってることも知ることができます。
お便りを英語で出すと現地のスタッフが間に入って返事も。




豊かな、では無いな、値の張るものやその周りにあるものが年月を重ねるごとに淡くみえます。

支援はしてるけど、こちらが思う事、考えさせられる事、山ほどあります。



写真が来るのは現地に行かないので嬉しいものです。
by hi-vison_1103 | 2018-02-03 18:03 |

ヨーロッパの野菜


いつものようにオマケが増大。 

今回は秋の旅行の話で盛り上がりました。
年1回はヨーロッパの山に行く茶農家さん。
e0001406_2151216.jpg


ずっと玄関から玄関まで、の送り迎え付きのツアーです。
いつもはおしゃべりだけだけど、今回、チャンスがあったら絵はがきを1枚持って帰って下さいと初めてお願いしました。

ところが、帰って探して見つからず、地図とフランスに寄った折りの新聞などなど。嬉しい。
私のあちこち、を全然ご存知無いので、偶然が嬉しいお土産になりました。


本職の人に聞く農業の話はホントに面白いです。
70はゆうにこえてらっしゃるので、私に
「もう20年近いおつきあいですね」と。その頃は50代だったんだ。
はや〜い。



e0001406_215529.jpg


先日は私の日頃ずっとやってることを話すと
「びっくり。でも、くろべ〜さんガンバレ!」


私助けてくれる先輩のみなさんは、こんなふうにいつも励ましてくれます。
それなりの年齢で不都合なとこはいろいろあるけど、お互いにそれはわかって
「ファイト」と。



ぼちぼち近づいてきました。ちょっと尻込みするメンバーです。
毎度、私達は教訓じみた事は言わないから安心して、と。
全然思ってないけど、緊張するべ。



今年は飛行機に乗った、乗った。
by hi-vison_1103 | 2017-11-21 21:29 | 食べ物
と言った瞬間すぐに訂正しようとしたらCAさんの満面の笑み。
「お砂糖とミルクお入れしましょうか」とさらにニッコリ。
頭がまわらなくなるくらいの3日間なのでした。



e0001406_145121.jpg

そしてあっと言う間に帰路。
その間の楽しい顛末を話すと「いつも本気だから出会うのよね」


2年前に出会った方によくよく考えて直接に指導してほしくなりました。
受け入れてくださって2ヶ月前から師弟。
目からビッグうろこな日々。


こんな人達がいるんだな、という正直な感想。
60代70代の底力に圧倒されてます。
by hi-vison_1103 | 2017-05-25 01:17 | 日本語

先生達のサポート

文字通りの命の恩人の先生からのでっかいハガキ。
姪っこさんが留学してるグラスゴーから。
秘書の人と二人で出かけて楽しんでる様子です。
猛烈に忙しいのに世界中からお便りが届きます。
ありがたいヒントも。

e0001406_1549513.jpg

春期はまさかの、申請の許可がおりませんでした。
今までで初めて。
お世話になってる教授にメールしたら杓子定規なことの決定だったんでしょう。
僕がどうにか機会を作ります、って。
(む、む、無理ですよ、先生)

でも、長年の私の続けた実績を参考にしてもらいたかったと先生だけには伝えました。



ところが数日後、ものすごく丁寧な正式なお詫びが。
教務の単なる連絡ミス。
◯◯さまにおかれましては・・・と時候の挨拶と共に。

大学からってこういう文章になるんだと妙に納得。
目出度く新学期。事の顛末を話すと、
「よかったね〜」

前期から今までずっとお世話になった先生二人から勧められて新しい先生。
宿題もたくさんだけど、自分の足りないとこがよくわかります。お勧めに従って大正解。
同じクラスになった去年までアフリカで2年医療に携わった人がいて話にとても興味あります。
by hi-vison_1103 | 2017-04-25 16:03 | オバ学生

最後の三日間

最後はここを眺めながらの三日間。
本でしかお会いできない方に会えて学べて話せて、食事もご一緒でありがたかった。
私が質問したことにはぺるりーねさんと全く同じ答でした。
納得。
みんなすごいな。

e0001406_23255715.jpg





帰りの飛行機で機内に入って座ってると
「◯◯さまでらっしゃいますか」とCAさんが私の席に近づいて小声で。
電源切ってるし、こういう時はついつい二人の老母の事を思ってドキっとします。

ところが・・・・・
by hi-vison_1103 | 2017-01-30 23:40 | 日本語

続・不合格 準1級

今年の不合格、到着。

e0001406_18415221.jpg



準1級からは年に1回。
2級のあとからまたチャレンジ中だけど、1回目はちょうどその日は父の三回忌だったのでお休み。

今回も全く準備ができなかったけど
およよよ・・なことになるのはわかってたけど
まずはとにかく受験。

好きなことは楽しい。
今はこちらが6割くらいをしめてるけど
両方あるからのバランスというのが5年たって段々と実感です。

ほんとに厳し過ぎるチャレンジだけど、えへへ、な感じ。
日本語の方でも津々浦々、いい時間をたっぷりと過ごさせて頂きました。
by hi-vison_1103 | 2016-12-24 18:50 | フランス語

いろいろ兼業主婦・自営業のパパさんと二人暮しHNはクロエ・くろべ~


by hi-vison_1103