1年待った漆椀

本を見てどうしても作ってもらいたかった椀。
作者を調べて、好みの形をお願いしたらオリジナルは作らないとこのことでした。
懇願、嘆願、懇願、嘆願のメールを半年間。
根負けして下さって1年。
やって来ました。
これこそ「掌の美」
教室で習った塩っぱい豆腐とピリ辛オクラ。私の大好きな針生姜。
e0001406_17141331.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-09-12 17:15 | 懐石料理教室

姉・兄・弟

3夫婦で会食。
玄関から打ち水が気持ち良くそれぞれの中庭の緑も湿り気。
お盆休みにおいで下さった若女将さんと久々の対面。
2人の義姉と私、3人でほれぼれ。ほんとに美しい。
広い部屋で長々と食事。
弟のパパさんも末っ子全開で楽しそうでした。

e0001406_2185539.jpg


美味しかった銀杏。
ゆっくりと出していただいて、のんびりできた土曜日でした。

e0001406_2184366.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-09-10 21:27 | うろごそ国内

嘘みたいなホント

今回の帰省は長かったので、途中で母が料亭に予約してくれました。
息子と二人、慣れない高級感。
今年お初の。
e0001406_20344117.jpg

日本酒好きな人によく知られてるのを、息子。
一合が3野口。恐るべし。三合も飲んでいました。
空いた時間に友人宅にお邪魔すると、美しい御婦人がお孫さんの話をされてました。
三人でいろいろおしゃべり。
前日、久々の御馳走で、美味しいお酒の話をすると、
「こちらのご実家よ」
ってうっそ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この町に嫁がれたのだそうです。
久々にビックリ!
揉み手してしまいました。
by hi-vison_1103 | 2011-09-04 21:04 | うろごそ国内

ガオ〜煮

by hi-vison_1103 | 2011-07-26 21:43 | 好き、の手描き

文月の卓

暑い中にも涼やかな今月の懐石教室でした。
e0001406_15343467.jpg

文月の卓

向   鴨 オクラ 針生姜
椀   冬瓜 オクラ 車海老 針生姜 あんかけ
炊   茄子 蒟蒻 モモ身 針生姜
和   茄子 胡瓜 生姜 大葉 奈良漬
    若布 茗荷 胡瓜
御飯  おこわ 笹の葉巻 三葉 枝豆
冷菓  白汁粉 白玉 錦玉 

e0001406_15342337.jpg


笹のいい香り。

e0001406_15341268.jpg

今回も、野菜たっぷりです。
同じように見えるものでも、味が全部違って夏向き。
私はいくらでも食べられます。

e0001406_15335496.jpg


見た目の爽やかさ。

e0001406_15334263.jpg


以前、美術系誌に先生の特集12ページ。
毎月ここで稽古できるありがたさを感じます。
例えばこういう室礼。とても好まれてます。
e0001406_15321638.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-07-12 15:55 | 懐石料理教室

窯出し2011(2)

何か作って頂戴ね、と言われて10年が過ぎました。
鼠志野茶碗。

e0001406_16201512.jpg


いい感じに出来上がったと思うので、来月の教室に持っていってみよう。
厚く見えるけど軽いので、夏茶碗に使えるかも。

e0001406_1620695.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-05-30 16:26 | 陶芸

年1回の食事会

昨日は、大魔王の高校同窓&同業者の集まり。夫婦で参加食事会。
息子が小学生の頃から続いてるので結構な年数です。
5年幅でのグループなので人数も丁度いい感じ。
私が一番年下なので、面白い話がたくさん聞けました。
奥サマの一人に「ダンシャリ」続行中の体験談の面白い事!
著者のセミナーにも参加してて「いいよ〜」
e0001406_9283564.jpg

私は昔のだけど、こっちから入りました。台所用品、今半分になってます。
「そうそう、そんな感じよね」
ダンシャリも、銀行の待ち時間で見る人気雑誌の「三日月パン」などによく載ってます。
なんとなく通じるものがあります。
双方の実家を行き来してる真っ最中の私は、もっとモノを減らしたいと思ってるので乗り出して聞きました。

そんなに多くない同業者組合なので、次の話題は大魔王の健康診断。
受ける場所は同じなので、個人情報といいながら仲間内なので良く知ってることといったら。
好き嫌い大魔王はここ毎年、これほどの中年でありながら好成績?のデータ。
それからの男性陣の弾丸質問が可笑しかった。
by hi-vison_1103 | 2010-11-30 10:02 | 食べ物

2010窯出し(2)

鼠志野のカトラリーレスト。ずっと作りたかったもの。
「テーブルに置くだけでもいいですね」と久しぶりに先生から褒められました。
何千本も燃やすので、表面それぞれにいい景色がでます。私のでも。
工程が多かったので、時間がかかりました。
お礼に届ける個数を間違えてしまって足りない。また来期焼かないと。しまった。
e0001406_16165113.jpg


藁白の箸置きもいくつか。

e0001406_16162621.jpg


焼締めも。
全部登り窯の力。

いい感じに焼き上がりました。
e0001406_1616862.jpg

by hi-vison_1103 | 2010-07-21 16:37 | 陶芸

梅雨は特に

子供の頃から抹香臭いところが好みでした。
お寺や神社、法事の時の雰囲気とか。
香木。
伽羅です。
e0001406_1735231.jpg

銘もついてたり、一見仰々しいけど、この香りが一番好きです。
1年中同じ香り。
ゆっくりじんわりと熱を通して。
清々しくすか〜っとする感じ。
勿体ないのでいつもカッターでほんの少しずつ使ってますが、梅雨は多めに。
懐石教室で初釜の先生の伽羅はもっといい香りです。
e0001406_17353396.jpg

by hi-vison_1103 | 2010-06-24 17:54 |

銀杏餅椀

銀杏は毎年秋の楽しみです。
濃い出汁がやっぱりよく合う。
見かけは悪いけど、銀杏の甘さやもっちり感がたまりません。
e0001406_21262487.jpg

昔、先生から習った当初は胸焼けするくらい何度も作りました。
美味しさにはまると結局練習にもなります。

今秋のうろごその直前にオバ学生には宿題がありました。
全員、10分間の発表です。
私は聴講生なので歴史であれば何でも、と先生。

若い人には堅苦しいと思われるかもだけど「懐石料理」にしました。
意外にも熱心に聞いてくれて、すぐ質問も。

「何故このテーマを選んだんですか」
「どれくらいしたら上手になりますか」
「習うきっかけは」

準備は大変だったけど、嬉しい反応でした。
by hi-vison_1103 | 2009-11-11 22:29 | 食べ物

いろいろ兼業主婦・自営業のパパさんと二人暮しHNはクロエ・くろべ~


by hi-vison_1103