<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

菖蒲

今日は稽古の日。
今年初めての菖蒲でした。

こういう写真はやっぱり難しい。
前の方に思いっきり傾斜してるのも、短いだけに見える.....


e0001406_238508.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-26 23:36 |
陶芸の日曜日。
年に2回、本焼きをされる先生達。今年の1回目はまだなので、今日も稽古。
ホントは犬が怖いパパさん。
このパグ犬のお陰でだいぶ慣れてきました。
後ろのコットンパンツが見えるのが犬怖い大魔王。
e0001406_212224100.jpg


結構大きめの鉢。すっきり系。
これは鼠志野にする予定のもの。
無言になりながら、作りました。

横では、あ〜、とか、あらら、とか、わ〜、の感嘆語大魔王が。
毎度賑やかすぎる....。

e0001406_21223676.jpg


先生のお抹茶茶碗用の土を買わせてもらってゆるゆる鉢。
なんとなくザックリしてて気に入ってしまいました。

ここは陶芸教室では無いので先生の仕事用の空きがなければ、私達のはいつかの後回しになります。

どれか焼けますように。

e0001406_21224714.jpg


いつも2時間くらいしたらまず、お茶の休憩。
今日はお菓子作りの上手なお友達からもらったシフォンケーキを持参しました。
明日、職場のスタッフに持って行こうかとも迷ったけど,先生達と楽しめて良かったです。
柔らかで、紅茶の香りの塩梅もよく、大・大・大好評でした。

e0001406_2123115.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-22 22:03 | 陶芸

パパさん、ご満悦の日。

パパさんは普通、たまに会う人にはテレてこういう具合にはなりません。
で、面白いので撮ってみました。
乗り出してます。

目の前には、イタリア語の先生、マダム・イタリアーナがいます。
彼女はエンジニアで日本中を出張して、昨日帰って来られました。
そして今日、私の友人の事務所に。

e0001406_20291516.jpg


この薔薇は「ロッソ・クラシコ」
土曜は海鮮大魔王の仕事は午前中なので、途中で待ち合わせ。
マダム・イタリアーナのために仲良し花屋さんでブーケを作ってもらいました。
私からの彼女へのプレゼント。
花屋さんも、「ちょうどイタリア語の名前の薔薇でばっちりですね」
私は出先から帰宅せずにそのままで、デジカメが無い。
忘れて出かけていたので、全部携帯で残念です。

彼女も「わ〜!」と喜んでくれました。

e0001406_20292925.jpg


ちゃんとしたキッチンは無いのですが、お料理をいつもチャレンジ。
みんなでワイワイ、ワイワイ。楽しい昼ご飯になりました。
州都で実家がレストランをされてるそうで、簡単なものでもウマい!

e0001406_20294124.jpg


素揚げした茄子が甘いアクセントになって↓美味しかった。
パパさんはカタコト、カタコトとイタリア語を話していました。

e0001406_20295236.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-21 21:36 | イタリア語

今週の花

こういう、雪洞(ぼんぼり)みたいな桜も好きです。
今日のお稽古、好みのが花材の残っててよかった。
花は季節をたっぷりと感じられていいなと思います。

黄色のモッコウバラを生けてた生徒さんのもよかったです。
午後のクラスは生徒が少ないのでじっくりと生けられました。

e0001406_23332642.jpg

昨日の八朔ジャムはまずはパンと食べました。
チクテのマフィンを自分の好みのこの焼き色になるまで、じーーーっとオーブントースターを覗きこんで。
うまいっ。
e0001406_23335040.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-13 00:08 |
パリでごはんのユカリさん作Confiture aux Hassaku(八朔のジャム)です。2瓶購入。
以前のはるみジャムの美味しさが忘れられずに今回もお願いしました。
e0001406_2318126.jpg

今日は夜に着いたので味見だけでしたが、八朔の甘酸っぱい香りと柑橘皮らしい苦みがとってもいい塩梅。
さすが。
パンはもとより、料理に合いそう!とメールをしたら、料理にも使いやすいように作られたそうです。
さすが。
これから色々と楽しみになりました。
e0001406_2318135.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-11 23:57 | 食べ物

配達

朝一のピンポンはチクテ・ベーカリーのパンでした。2ヶ月以上前の申し込み。
マフィンが入ってるのでこのくらいの待ち時間になります。
そして、マフィンだけは今回で発送注文は停止。
これだけの人気なのにすごい事だと思いました。
開業同時にずっとおつき合いがあるので、今回かかってきた電話ではチクちゃんと長々と話しました。
作り手としてのバランスを取りたくて停止を決めたのはあっぱれ、です。

e0001406_23134323.jpg

で、すぐあとのピンポンはMIZUEさんでした。私がヨダレをたらした「葉山葵」。なんとホントに送ってくださった!
年季の入った方が作られた極上ウマウマ。
歓びすぎて写真もブレました。

e0001406_2314868.jpg

そして、午後にはお茶農家さん。
いつものように、お茶よりもおまけの方がうんと多い。
一部。大好きなルッコラもたっぷり。


e0001406_2323352.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-09 23:52 | 食べ物

憧れの生活

今日はパパさんと陶芸の日。
高速でびゅん!と出かけてきました。
ほんとは犬が恐いパパさんも、このパグー犬にはさわれます。
e0001406_029825.jpg

先生からあと〜ミリ、あと〜ミリ...といわれながら削った椀。
結構気に入っています。
e0001406_0292312.jpg

これもどんな風に薬をかけようかと考えるのが楽しい。
e0001406_0293795.jpg

パパさんの鉢をひとつ。
たまには写してみました。
意外に大きいのは本焼きで次回にパスされることがあります。
先生方の仕事の窯なので、余裕があるとこに私達のものを入れて下さってるから。
e0001406_0295112.jpg

奥様先生が東京のご実家に里帰りされてる時に、ちいさな畑が出来上がっていました。
登り窯の横のあいたところに。
今日、奥様が蕗を取って下さると外に出られ、後について行って発見。
うわ〜、と思わず声をあげてしまいました。
ちょうどいい大きさの畑で色んなものが少しずつ育っていました。
この登り窯自体も1年半かけて手作りだし、いつも口笛をふきながらいろんなものを作られてます。
「今度来たらこの蕗も大きくなるから、今がいちばんきゃらぶきにはいいですよ」
頂いて帰った蕗。早速処理しました。
クレソンも採って来て下さった。
e0001406_0362555.jpg

夕方遅くに帰り着くので、まずはアサリをざっと一品。
これを肴にパパさんワイン。
賄い人はあたふたと包丁を握るのでした。
e0001406_0363711.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-08 01:01 | 陶芸

いろいろ兼業主婦・自営業のパパさんと二人暮しHNはクロエ・くろべ~


by hi-vison_1103