<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一人うろごそ東北(1)

空からの景色はどこでも綺麗で鼻がくっつくくらいに覗きこんでます。
e0001406_1192164.jpg

機内アナウンスでは到着地の天候は雨。
そういえば、雲。
e0001406_1193533.jpg

でも、着いてみたら、曇りで、時間ごとに晴れてきました。
新潟市。
こういう緑がたっぷりとあります。
今回もどこという目的地は無く、新潟と山形をうろうろ、ごそごそ。
やっぱり私は東北LOVER。
e0001406_1224722.jpg

蔵も堂々、東北のどっしり感というのはかなり好みです。
e0001406_1225754.jpg

雰囲気のある商店。しみじみ、うろごそ気分。
てくてく歩いて、あとはバス。
e0001406_1231397.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-10-31 01:48 | うろごそ国内

本焼き

始まる。3日、ノンストップ。誰かが必ず起きています。
e0001406_011941.jpg

威風堂々の登り窯。第1室。
先生が丁寧に割って準備した薪がそこかしこにあります。赤松。
e0001406_013026.jpg

奥様先生がスナップをきかせて、焼べる、焼べる。
速い、速い。
e0001406_01461.jpg

今回初めて1回分の薪を焼べさせてもらいました。
も〜〜、緊張。そして、熱いっ。
e0001406_015891.jpg

蓋を締めてるまわりから吹き出してくる炎。
ゴー、ゴーという大きな音。
自然の力ってすごい。
2、4、6...とどんどん炎が増えて、炎自体も段々大きくなっていきます。
音と共に、ほんとに美しいです。
e0001406_021240.jpg

先生。
この時は近寄れないものがありますが、そばにいるだけで毎度神妙な気分になります。
真夜中に燃える炎を見るこの時間はたまりません。
ほかの音は何も聞こえずに作業の音だけ。
何時間でも見ていたいです。
e0001406_022688.jpg

手伝いに来てる人が、私を宿まで送ってくれました。
他の人は車中で仮眠するようでした。私は旅館で。
眠い朝。
でも、気分爽快。
e0001406_023882.jpg

再び午前中の窯。
奥様先生の方、第3室。
投げ口を塞ぐブロックをどけると、接触部分は真っ赤っか。
ずっとここで見てると、1200℃というのを忘れます。でも、やっぱりすごく高熱。
e0001406_025014.jpg

昼近くに第4室。焼き終わって、3日くらいすると、触れるようになるので、窯から出せます。
窯炊きはここは年2回です。
1年中が準備。いろんなプロセスを見せてもらうので、作品が出来る道のりの長さに最初はビックリしました。
今はここに通うだけで、居るだけでいいなぁ、と思える場所です。
e0001406_0319.jpg

パグー犬、カマキリと遭遇。
こういう楽しみもあります。
e0001406_031435.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-10-23 00:30 | 陶芸

中川ワニ・コーヒー教室

1日目は携帯でちょっと撮ってみました。
だれもカメラを出す人がいなかったので、自分のところをパシャ。
e0001406_0304990.jpg

2日目は先生に断って、1枚。
やっぱり、お湯の注ぎが微妙に美しい。
何年習っても、なっかなか美味しいコーヒーを入れるのは難しいものです。
参加したみんな、「同じコーヒーで、同じ量でどうしてこんなに味が違うんだろうね」と。
2日間、入れ合ったのを何十杯か飲んだので、目がラン、ラン、ラン〜でした。

数日お休みです。
e0001406_0345390.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-10-21 00:39 | 食べ物

本も結局は200冊以上処分しました。
パパさんも、「おーっ」と一言。

残った本の中で今日もパラパラ。
e0001406_2312578.jpg

これは今年の私の大ヒットの1冊。
一人うろごその大御所、tripperさん(「ウイーンとパリと好きなものと 」)とこで知りました。
久々に面白くってとにかく読み続けた本。
晩餐会って、外交って、そのシステムって、メニューって。
目からウロコ。
e0001406_23131729.jpg

その続きでパラパラ。
これは古い本です。昔の熱気もいいものです。
e0001406_23133970.jpg

ピアニストのフジコ・ヘミングさん。人気が出る前にご近所の仲良しさんのツテでレストランで演奏を聴きました。フジコさんの真ん前で楽しかった一夜でした。
写真もいいし、短い言葉がまたいい。
見る本。
e0001406_23135587.jpg

私はパウル・クレーという画家が好きです。10数年まえに展覧会に行った時の「目録」です。
e0001406_23141662.jpg

画集ぐらいに素敵でした。
e0001406_23143736.jpg

息子がくれた本。

e0001406_23145652.jpg

(エジプトの博物館)
こんな美しいものが残ってる国の別の顔が楽しめる1冊。
by hi-vison_1103 | 2006-10-09 23:52 | 本・映画・音楽

本焼き近し

今日はパパさんと最後の仕上げ、絵付けと釉薬掛けに出かけてきました。
先生がもう素焼きを済ませているのでだいぶ軽くなっています。
e0001406_21581318.jpg

藁白組と織部組。
すこし模様が見えるのが織部組。これらのどこに緑を付けるかじーっと見て考えているところ。

結局1時間見ていました。
ただじっと見てるだけでも先生は何にもおっしゃいません。
で、しばらくして、1つだけヒョイと持ち上げじっと見てらしたので
「ど、ど、どこか、変ですか!」とうろたえる私。
「いや。これ、面白く出来たね」
出来の悪い弟子はドキドキです。
e0001406_21583749.jpg

楽しみにしてたポットもどうにか割れずに出てきてました。
これは結局焼き締めにします。
鼠志野にしてもいいなぁと思ったけど、先生達の雰囲気に「焼き締めがいいかも?オーラ」が出てたので、キャッチ。
本焼きはこんなに大変です。
その前の素焼きも窯に並べて焼いてまた出して工房に戻します。
薪の手配も何千本。
それを投げ入れやすいように全部薪割りをし直します。
連続の3日間は寝ません。
焼成代を知ると器好きな友達はびっくりして、先生の作品を何点も買えばいいのにと言うけど、登り窯で一緒に焼いてもらえるのには絶対代え難いです。
e0001406_2159177.jpg

今年の春の本焼き。私のご飯茶碗。
作りは良く無くっても、薪が燃えて黒い点が出来たり、違う色が浮き上がったりして、窯の力が90%はカバーしてくれてます。
今回も時間が合えば徹夜の見学に行く予定です。
by hi-vison_1103 | 2006-10-08 23:24 | 陶芸
今日は友人の事務所にパパさんのイタリア語の先生が来られるので出かけました。
そこで(設備はちゃんとはしてなけど)ランチを作ってくれるとの事。
パパさんと現地集合で待ち合わせ。
事務所にある流しだけど、美味しく出来てビックリです。
メインだけカメラに収めようとスイッチを入れました。
「あ」っと私が言うと回りの4人くらいが覗き込み「カードが入っていません」の文字をみて、ノーリアクションで黙ってまた食事を続けてました。

帰りにマダム・イタリアーナが紙に今日作ったのを書いてくれました。
(おおまかに:スパゲッティ・サラダ・ブルスケッタ)
e0001406_22255564.jpg

食事後、1時間くらいパパさんにゆっくり話かけてくれたり。
パパさんもこんな感じに。

イタリアのお菓子だそうです。
包みがまたレトロで素敵。まるっこいクッキーのようなものでした。
e0001406_22261623.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-10-07 22:53 | イタリア語

月桃の実

私は月桃の葉や糸芭蕉の葉が好きです。
石垣島あたりを周遊した時は月桃を漉いた紙を買ってしばらく使ってました。
今日のお稽古で使ったのは月桃の実。
支部のお稽古場が都合で使えないので、先生のお稽古用のマンションです。
コスモスは生えてるように自然に。
e0001406_22523117.jpg

みんな実を見たのは初めてだったので、かなりワイワイしてました。
植物って面白いです。
e0001406_2254096.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-10-05 22:55 |

銀杏餅椀

ご近所のイサドラから銀杏を頂きました。

かなり濃いダシに今日はちょっと塩もきかせました。
イサドラさま、ありがとです。こんな風になりました。
パパさん用は汁が少ない。

日中は暑いこともあるけど、もう秋。
ちょっとした冷気を感じると、いろんな仕事がスイスイ進みます。
暑過ぎた夏のお陰です。
e0001406_23501983.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-10-04 23:58 | 食べ物

美味礼賛

HIROMI先生
「いつものちりめん山椒作るけど、どれくらいがい〜い?」とティンカーベルのように聞いてくれたのに
「ふぇありーの許容範囲で、できるだけたくさん!」
と強欲MAXで私は答えてしまいました(本気)。
すると、3ケースも今日届きました。
申し訳ないけど、めちゃめちゃに嬉しいです。
以前はずっと京都の「◯れ◯」でちりめん山椒を買ってましたが、ぷっつりと止めてしまいました。
無くなったらどうするの?とよく聞かれるけど、無い時、他のをわざわざ買ってまで食べません。
これが美味しすぎるのです。
次のチャンスまでじっと我慢の子。
e0001406_19201052.jpg

箱の中には「ル・プチメック」のパンも。初めて食べました。
箱の外にまで香りが漂っていて、パンは私の好みそうなものばかり。
ウマかったぁ〜。
HIROMI先生、めるしーぼーくー、です!
8時からの仕事もがんばるぞっ。
e0001406_1923362.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-10-02 19:30 | 食べ物
私はセレモニーは仏教徒です。
キリスト教のことは詳しく知りませんが、「スペイン巡礼の旅」というのは本やドキュメンタリーで見たことがあります。
フランスからスペインまで徒歩で数百キロ。足もカラダもぼろぼろになるらしいです。
e0001406_22203914.jpg

(スペインのどこか)
昨晩、パパさんにイタリア人の先生を紹介してくれた友人から電話。
お互いの知り合い、マダム・タフネスが、この巡礼の旅を一人で完遂したという事。
もう、びっくりしました。1ヶ月以上かかったそうです。
徒歩で数百キロを歩き通して、到着がスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステラ」という町。
足の皮は何度もむけるというし。
彼女は直接話を聞いてタフネスさんの満足感が伝わったそうです。
e0001406_22205553.jpg

(これも、スペインのどこか)
そんな話を聞いてると地球が地球儀のように感じてしまいました。
色んなところで起こってることがわかるってすごいな、とちょっと感動。
e0001406_22211532.jpg

以前、この巡礼に興味があって読んだ本を思わず出して今日はパラパラとめくっていました。
by hi-vison_1103 | 2006-10-01 22:58 | 本・映画・音楽

いろいろ兼業主婦・自営業のパパさんと二人暮しHNはクロエ・くろべ~


by hi-vison_1103