タグ:本 ( 106 ) タグの人気記事

当たり前をもう一度。

週2日の大魔王の朝食はこのパターン。
これは昨日というか今朝の3時くらいに作ったサンドイッチ。
私は4時前に寝て10時くらいまで寝てます。
ハム6枚とトマトも入れて4種類の野菜をぎゅーっと。
飲み物は本人が好きなものを。
e0001406_22255498.jpg


やりたいことや読みたい本があったら寝る時間はあとからで
好きにしようと思って自然とできたやり方。
予想以上にいい感じです。





e0001406_22253917.jpg


自分の当たり前と思ってるものを最初から見直してる面白さ。
分厚い7巻のなかの3冊目。





黄色は使い過ぎて壊れ、休憩してもらってるマーカー君。
by hi-vison_1103 | 2016-07-02 22:43 | 食べ物

千本の矢

e0001406_18344575.jpg





帰宅してメモしたこと聞いたことを反芻。

私より10才くらい若い人が学生時代に1日に千本の矢を射った話を聞きました。
朝から夜までだったそうで、同じ事をしてるとどこに違和感があるかわかってくるのだそうです。
まとめて拾いにいくのも大変ですね、というと
みんなで一斉に止めて一斉に取りに行かないと当たりますから、と笑っていました。

座長をした若い弁護士の女性の話も。
大法廷、小法廷を今度から見る目が違ってくると思いました。
終わってからのお茶会も2時間くらいあってほんとに真新しいことばかりでした。
面白かった。
by hi-vison_1103 | 2016-06-26 18:36 | うろごそ国内

シャケシャケ

間が空かなくって2匹目を注文したら、わざわざお礼のメモが箱の中に。
ちょこまかと出かけると、これをさっと焼いて半茹でで冷凍してる野菜と合わせ簡単弁当に。
すごく役立ってます。
e0001406_1957686.jpg




初日鑑賞。
早目に行って指定席だけを取り、文具と本屋さんへ。
まだ時間がゆっくりあったので
懐かしの純喫茶へ大魔王と。
広いね〜と美味しい珈琲など。





e0001406_19565328.jpg


原作、NHK、映画、3バージョンそれぞれみたけど、それぞれよかった。
さすがに初日は多い。
前編は終了ぎりぎりにみたので大スクリーンの部屋でなく今回はドカンと。

今年になってから毎月邦画がなんとなく続いてます。


さて、「まとめてみたらどうですか」と言われた原稿にちょいと挑戦。
by hi-vison_1103 | 2016-06-12 22:10

たくさんの人と


「文の組」の楽しみ。
このときは、急に決まったので泊まるところを見つけるのが大変でした。
2泊ゆっくり。
「理の組」の参加は前もって日程がわかるので宿泊も比較的とりやすいです。
一人で多分もたもたしてるので、色んなところで声かけて手伝ってくれるのが助かってます。
飛び入り系の私でも、たくさんの人の意見を聞けるのは有り難いことです。


e0001406_0242390.jpg


今日は前編を大魔王と見てきました。
来週から後編があるので、ギリギリ遅くに。
横山秀夫氏のはずっと読んでるのでついつい観たくなります。
日本人で初めて英国推理作家協会ダガー賞候補と先月。
多分この64だったと思います。



e0001406_0241241.jpg

by hi-vison_1103 | 2016-06-05 00:41 | うろごそ国内

今までで最大のキャンセル料


届きました。毎年ずっと。何しても美味しい。
e0001406_23531882.jpg



身内の不幸や他のトラブルの何もないけど
今回直前でキャンセル。前回から飛行機のクラスを上げてたので人生で最高額のキャンセル料になりました。
4日に発つ予定でその3日前に全てキャンセル。ほとんど戻らないのは当たり前。


出発の2週間くらい前にメール。
一人の文学者の方からでした。
「今度、多くの知り合いが集まりますが都合がつけば是非参加下さい」
綺羅星軍団。
何度か行ったことのある小京都のひとつ。
まだまだ先だけど、行きたい気持ちがムクムク。
でも、参加するなら下調べを山ほどしたい。
こちらの方も前期の私の希望をまだ伝えていません。1週間にそれぞれ1回だけの私にとてもよくして下さる。

「うろごそ」してて、帰ったときのことばかり考えたら本末転倒。
行けるけど、帰国後の疲れが残ったまま次の準備をすると、これからの全てのずっとが
少しずつの中途半端をリレーしそうでした。

いや〜、悩んだ悩んだ悩んだ。
でも、一人で決断。
留守する9日間をこれからの準備に当てる。

大魔王に今回キャンセルしたよ、というと
「えーーーーーっ」でした。

でも、やっぱり私はスッキリ。
ホントにしたいことが自分をひっぱるものだなぁ、と。
ちょっと本気。
また働いて貯めよう。
by hi-vison_1103 | 2016-05-10 00:37 | kt-works

優しい話

ここ数年いろんなところの研究会やシンポジウムに出かけました。
紹介してもらって行くので多くの人と知り合うこともできました。
3年ぶりにお会いした研究者の方。
同じくこの両方に参加された人。



e0001406_17112277.jpg



3年前、東京でのシンポジウム後の懇親会は多分50人くらい。
何人か知人もいたけど、移動して初めての人の傍近くで話を聞いていました。
私が一人と勘違いされたのか、この先生が話しかけてくれました。

ここの大学の少し高い棟が出来る時、宮家を見下ろすことになるかもというのでとても大変だったし、有名な事件があったときはヘリコプターが毎日飛んでうるさかったんですよ。

著作や講演会のビデオでお見かけする通りの優しい語り口。

今回再びお会いしたので
以前お話伺った時、とても楽しかったことをお伝えすると
「宮家の話しましたね。覚えていますよ」

ここでもジェントルマンでした。
ちゃんと話せてよかった。
by hi-vison_1103 | 2016-04-29 17:33 | kt-works

私のジャイアン

e0001406_15591743.jpg



5年まえから資料を読むことが必要になって、毎月5冊の月刊の総合誌を年間購読してます。
10ヶ月で50冊。
どれもなにかの時にパラパラと見る必要もあったりしたけど、たまってくるのが大変。
途中で、1冊をじっくりみて必要なところだけ取り出してホッチキスでとめることにしました。

自分で、これが必要と思ったのを信じて。
後からあれを残しておけば・・があっても仕方ない。
号によってはすごくうす〜く。

表紙は必ず残して日付の代わりに。
ガチャっと綴じる時はちょっと快感。
by hi-vison_1103 | 2016-04-26 16:06 | kt-works

お隣に座る人

前期が始まりました。
ずっと2コマ。
二人の先生は数年かわりません。半年で私は2つ分で6万円弱。
学生証も大学からもらえるし、色々考えてお得な感じです。
続けてたら何質問してもとても誠意のある対応をしてもらってます。
どうしても添削してもらいたいときは返信のレターパックを添えて出したり。
家庭の事情を全部話してるので、介護で欠席が長く続いたりしても私がやりやすいようにしてもらってます。
いい先生達に出会えてよかった。
何かを取得するためではなく、本のページを捲るような日々の面白さ。
2年くらい私の横に座ってくれるべっぴんミセス。
楽しそうで熱心。


e0001406_15144757.jpg


昨日はうーん・・とうなるような初心者ならではの質問。
いい勉強になりました。
ほんとに。
テキストにもちゃんとお手製のインデックスが貼ってある。





e0001406_15143332.jpg

ハンカチ、財布、携帯くらいの時に。
様々なバッグがたくさん。
by hi-vison_1103 | 2016-04-22 15:30 | オバ学生

2つの栞

年越しの里帰りで、本と一緒に何気なく持って行った2枚の絵はがき。
この時の帰宅後に頂いたもの。
お二人とは別の講習の時にはご挨拶だけで、ここでゆっくりと話せました。
色々と私へのアドバイスが書いてあります。
エジプトは80才(♀)の方、木像は70才(♂)の方。
現役を退かれてもまだまだ研究者。
e0001406_1724244.jpg


届いた絵はがきはよく栞に使ってます。




e0001406_1722735.jpg

今回、ずっと使ってたYURIさんの黄色のマーカー
が酷使し過ぎて壊れました。
6色くらいあって、やっぱり黄色と緑が私にもバッチリです。
ノック式のマーカーの便利なこと。鉛筆と共に2本一緒に持てます。
もう手放せません。

気に入った本はずっと読み続け、マーカーで印つけ。
何度も何度も読み返すと今度は色に目がいってしまうので、ある程度ボロボロになったら同じ本を買います。
これは3冊目の同じ本。
本の背もまた取れてしまったので、ぼちぼち買い替え時です。

今、手元に黄色が無いのが残念。
時間を見つけて買いにいこう。
by hi-vison_1103 | 2016-01-06 17:15 | 文具

連続

この時、横に座ったひとが送ってくれました。
初対面だったけど、お互いに興味があることの話に。
そのなかで、いい本がありますよ。
住所を控えてくれて、到着。
e0001406_21481443.jpg


有り難く頂戴しました。
これから礼状書き。
by hi-vison_1103 | 2015-09-02 21:49 | 本・映画・音楽