タグ:懐石 ( 113 ) タグの人気記事

姉・兄・弟

3夫婦で会食。
玄関から打ち水が気持ち良くそれぞれの中庭の緑も湿り気。
お盆休みにおいで下さった若女将さんと久々の対面。
2人の義姉と私、3人でほれぼれ。ほんとに美しい。
広い部屋で長々と食事。
弟のパパさんも末っ子全開で楽しそうでした。

e0001406_2185539.jpg


美味しかった銀杏。
ゆっくりと出していただいて、のんびりできた土曜日でした。

e0001406_2184366.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-09-10 21:27 | うろごそ国内

嘘みたいなホント

今回の帰省は長かったので、途中で母が料亭に予約してくれました。
息子と二人、慣れない高級感。
今年お初の。
e0001406_20344117.jpg

日本酒好きな人によく知られてるのを、息子。
一合が3野口。恐るべし。三合も飲んでいました。
空いた時間に友人宅にお邪魔すると、美しい御婦人がお孫さんの話をされてました。
三人でいろいろおしゃべり。
前日、久々の御馳走で、美味しいお酒の話をすると、
「こちらのご実家よ」
ってうっそ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この町に嫁がれたのだそうです。
久々にビックリ!
揉み手してしまいました。
by hi-vison_1103 | 2011-09-04 21:04 | うろごそ国内

葉月の卓

今年の8月は鎮魂も込めて静かな室礼。
e0001406_15543347.jpg

葉月の卓

向   煮こごり 生ハム 針生姜 オクラ
汁   米茄子 豆腐 三葉 赤出汁 
椀   素麺 温度玉子 鰻 椎茸 三葉 茶筅柚子
焼   茄子 鶏 鍬焼
御飯  干しフグ 大葉 胡瓜 
冷菓  ハニートマト 錦玉
菓子
抹茶
e0001406_15541457.jpg


落ち着いて涼やかな器。

e0001406_15525064.jpg


わざわざ遠くまで買いに行って下さる玉子。
正直、え?っというような場所。
読んで字のごとく、御馳走。
e0001406_15522737.jpg


今は私の実家の仕事が多いので、みなさんから色々と教えて頂く。
私よりも年配の方もいらっしゃるので相談しやすいです。

e0001406_15515094.jpg


「こんなに暑いけど、秋にまたなるのよね」などなど。

e0001406_15511092.jpg


錦玉は色々入って、トマトと一緒に冷えてます。

e0001406_15475696.jpg


またもや懐紙を忘れて、お隣の人から1枚拝借。
お菓子が可哀想でした。ゴメンネ。

e0001406_15474387.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-08-10 16:28 | 懐石料理教室

ガオ〜煮

ガオ君を八割り煮こぼし、煮詰め、照り照りコテコテ。
e0001406_21374162.jpg

手描き若九谷。
ちょっと目出度い。
e0001406_21372345.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-07-26 21:43 | 好き、の手描き

文月の卓

暑い中にも涼やかな今月の懐石教室でした。
e0001406_15343467.jpg

文月の卓

向   鴨 オクラ 針生姜
椀   冬瓜 オクラ 車海老 針生姜 あんかけ
炊   茄子 蒟蒻 モモ身 針生姜
和   茄子 胡瓜 生姜 大葉 奈良漬
    若布 茗荷 胡瓜
御飯  おこわ 笹の葉巻 三葉 枝豆
冷菓  白汁粉 白玉 錦玉 

e0001406_15342337.jpg


笹のいい香り。

e0001406_15341268.jpg

今回も、野菜たっぷりです。
同じように見えるものでも、味が全部違って夏向き。
私はいくらでも食べられます。

e0001406_15335496.jpg


見た目の爽やかさ。

e0001406_15334263.jpg


以前、美術系誌に先生の特集12ページ。
毎月ここで稽古できるありがたさを感じます。
例えばこういう室礼。とても好まれてます。
e0001406_15321638.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-07-12 15:55 | 懐石料理教室

水無月の卓

玄関から、涼し爽やか。
今月も気分のいい時間が始まります。

e0001406_1572767.jpg

上等な海老でした。

e0001406_1571545.jpg

水無月の卓

向   車海老 南瓜 オクラ おろし 鴨
汁   焼茄子 茗荷 赤出汁
椀   甘鯛 椎茸 オクラ 木の芽
和   ササ身 百合根 水前寺海苔 胡瓜 梅肉
    揚 エノキ 三葉
御飯  淡竹 木の芽

e0001406_157451.jpg

流し缶を使って甘鯛の下拵え。
手間でしたが、やっぱりの美味しさ。

e0001406_1565193.jpg

野菜、かなり多目の私好みな献立でした。

e0001406_1564018.jpg


先生、有り難い事に喜んでくれました。
予定外に最後、お菓子、お抹茶まで。
「洒落てるし、たなごごろ、いいわね」とじんわりと両手で包み込んで下さる。
うれしす。

今年はとっても当たり年で、重責な役員が10年ぶりです。

役員会も頻繁で、仕事もたくさん。
待ち時間の私、普通のパパさん。二人で交互に読み終えました。自分の無知がわかって良かった。
e0001406_17463813.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-06-07 15:26 | 懐石料理教室

窯出し2011(2)

何か作って頂戴ね、と言われて10年が過ぎました。
鼠志野茶碗。

e0001406_16201512.jpg


いい感じに出来上がったと思うので、来月の教室に持っていってみよう。
厚く見えるけど軽いので、夏茶碗に使えるかも。

e0001406_1620695.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-05-30 16:26 | 陶芸

皐月の卓

今月は食べ方の稽古でした。
水屋、奥の方。
酒杯、スタンバイ。
e0001406_21383338.jpg

皐月の卓

向   アボカド 真子 独活 三葉 山葵
汁   鱧 茗荷 赤出汁
椀   玉子素麺豆腐 蕨 法蓮草 木の芽
焼   ヒラマサ幽庵
炊   南瓜 車海老 絹莢 針生姜
和   茸 胡瓜 茗荷 おろし
    空豆 針生姜
香の物 沢庵 奈良漬 青菜
抹茶  お菓子


今回は特別に、他の用もあったので1枚だけ。
e0001406_21382175.jpg

目一杯動いたので、まだまだ腰痛が続いています。
ここの義母の入退院の繰り返しも、どうにか一段落。
そんなこんなを色々話すと、経験者が何人もいらっしゃるので「頑張れー」の嵐。
おどけながら、優しく叱咤激励。
カラダは疲れきってても、なんだかホッとするところです。
広々として、月々の先生の室礼も爽快。気持ちいい。
最後の水屋に、何故か?サクランボ。
e0001406_213882.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-05-26 21:53 | 懐石料理教室

弥生の卓

今月の懐石料理教室。
雛祭り。
今年から、教室での私の19年目が始まりました。いつの間にか長い生徒歴。
同じ献立が無い事に頭が下がりっぱなしです。
e0001406_15353220.jpg

弥生の卓

向   鯛 昆布〆 菜の花
椀   玉子豆腐 椎茸 独活 土筆
炊   南瓜 若布 浮かし揚 空豆 木の芽
和   芹 京人参 蒟蒻 法蓮草 椎茸 貝柱 葱 おろし
御飯  寿司 車海老 菜の花 木の芽
甘味  白汁粉 白玉 桜花
e0001406_15351547.jpg


使う葉、使わない葉。噛み応えで分けてます。

e0001406_15333328.jpg


温度が関係ないものだけを先に。

e0001406_15331049.jpg


準備は水屋で。

e0001406_15315036.jpg


熱いものを除いて準備完了。

e0001406_15312140.jpg


湯気で霞む、霞む。
「あ〜、美味しい」というみんなの声。

e0001406_15223518.jpg


先生宅に長く伝わる大平椀。

e0001406_15213676.jpg


この大きさも素敵です。古い輪島の底力。

e0001406_15211946.jpg


抹茶の前。
さすがに今日は雛あられ。
むか〜しの辻常陸。触るの、怖い。
e0001406_15202131.jpg

桜花を練り込んで作った白玉。
白汁粉、まだ寒かったので暖まる。
稽古と雛祭り。みんなでわいわい、普段より相当賑やかでした。
e0001406_152006.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-03-08 16:41 | 懐石料理教室

如月の卓

今月の懐石料理教室。
床の間には威風堂々な干支君が。
e0001406_1651941.jpg

先月は実家に長く帰ってたのでお休み。
ここの席につくと落ち着きます。

如月の卓

向   鴨ロースト 菜の花 椎茸 練り味噌
椀   みぞれ 豚肉 蕪 餅 三葉 人参柚子 おろし
炊   竹の子芋 春菊 生麩
和   百合根 独活 生ハム 三葉 
    揚 蒟蒻 人参 胡麻和
御飯  カラスミおこわ 蕗の薹 三葉

e0001406_16505848.jpg


私の当番。家ではもう少し細く切るけど、やっぱりこれくらいが歯ごたえがいい。
ミリ単位でかなり違うなぁ。
このお隣で、

e0001406_16504723.jpg


カラスミの準備中。
片道2時間弱の運転でやってくる仲良し。
小声で「国産?」と私が聞くと黙ってゆっくり頷く。
聞いてたみんな、時価月謝が頭を巡る。

e0001406_16503636.jpg


五臓六腑にしみわたる〜

e0001406_16501621.jpg


鴨ロースト係の人、切り方もすごく上手い。

e0001406_1650349.jpg


和え物の一つ。
色んな器に分けて。

e0001406_1649526.jpg


漆器や骨董を使わせて頂いてるので、洗いや拭きあげで少なくても20枚はフキンを使います。
それをみんなで洗って干すと稽古の終わりです。
部屋の端にはやって来る季節が待ってました。
e0001406_16492277.jpg

by hi-vison_1103 | 2011-02-10 17:23 | 懐石料理教室