タグ:保存食 ( 316 ) タグの人気記事

旅の途中に畑の贈物

またもや送って頂きました。
留守中だったので、日本の大魔王に電話して
出来るだけ新鮮に保って私の帰りまでどうにか。
大魔王曰く
「ビニールと湿らせた新聞でもともときれいだったよ」
今日はその中の行者ニンニクで。他には何も入れず。
美味しかった。
疲れたカラダは何も食べたくないけど、そういう時に食べられるものってスゴいです。

e0001406_095126.jpg


頑張って野菜室で長い事、待ってくれてました。

e0001406_093570.jpg

by hi-vison_1103 | 2015-06-08 00:10 | 食べ物

玉ねぎ色々編

冷凍してるのが最後になりました。
輪切りにして、この玉ねぎと合わせるだけで味は十分です。
でらうま。
e0001406_1711473.jpg


地元の素材で長年の暮らし。
素材がいいからと言われるけど、作り手が丁寧でないとこんな手間なものはできません。
クルミも収穫して、夫唱婦随ペア。
次の年代に行く時の第一の目標な主婦。

そして、素材すら作る先輩も。
目指す将来の双璧です。



習ってる最中に3人がダブってしまうような内容がよくあります。
根本が似てるのだと思います。
by hi-vison_1103 | 2015-05-18 17:21 | 食べ物

ご飯のお供

以前のお土産の椎茸をもどしました。
いい椎茸です。
そしてゴーヤを3本をサクサクと薄味でジャコと。
玄米に合います。
椎茸の香りがあまり強くならずにふっくらと煮るのは目の大鱗剥落な記憶です。ほんとにいい風味になります。

e0001406_13461980.jpg


手前の二代目が研ぎ上がってきたので、ついつい使いたくて。
奥のはついにここまでになって今はペンのように握って切りたいものの時用。


e0001406_1346530.jpg

by hi-vison_1103 | 2015-05-13 14:00 | 食べ物

大事に楽しむ

e0001406_17463078.jpg

王道で楽しんだ後は変化球。
上等タケノコさまでお惣菜。
見た目はイマイチだけど、左は味噌で炒りつけ、右はアンチョビとドライトマトと藻塩。
少し長く食べられるように、1本ずつ。
いや〜
たまりません。
by hi-vison_1103 | 2015-05-04 17:49 | うろごそ国内

好きを楽しむ

続いています。

e0001406_1218160.jpg

少しずつ味が落ち着いてきた感じ。

10年糠床さんがすぐにメールくれて一部変更。
なるほど、でした。
すっかり様変わりしたいい糠床に変化中。


花びらのように切った大根も好みの感触。
長い方は今、もっと細くなってるけど年々使いやすくなっていきます。

2つだけがメインだけど、
オーバーにいうとシザーハンズな気分です。
切るのが楽しい。
by hi-vison_1103 | 2015-04-28 12:26 | 食べ物

海鮮日和の次の日は

昨日、久々の贅沢。
今日の昼、私一人でアオサをどっさりと玄米の炊きたて。
こういうのがまたまた贅沢。
海の物はたまりません。

e0001406_172337.jpg

by hi-vison_1103 | 2015-04-09 17:03 | 食べ物

贅沢な味見

届け物をしてくれた友達にちょっと味見を。
右が甘平。
左がハレヒメ。
e0001406_1716041.jpg


美味しい売り切れ。
by hi-vison_1103 | 2015-03-18 17:18 | 食べ物

宝石果実・弥生

到着。

やっぱり複雑な美味。
フレッシュなだけでなく、修行した味。努力した味です。


e0001406_2155332.jpg


「甘平」と「はれひめ」
どれだけの手間だろうと思います。
パンに食事に綺麗に頂きます。
by hi-vison_1103 | 2015-03-13 21:10 | 食べ物

春の兆し

嬉しい、美味しい。
ほんとに春です。
e0001406_17262185.jpg

by hi-vison_1103 | 2015-03-13 17:26 | 食べ物

ロシアから届いた白樺細工

あっちこっち出かけて、家で待っててくれた白樺細工。
自分の好みを相談してオーダーできる幸せ。

e0001406_13564096.jpg


ロシアに育つ白樺を丁寧に見つめて。

そして、
ひたすらに。

編むまでの気が遠くなるような丁寧な準備です。

e0001406_13563633.jpg


白樺の薫りってこんなにいいものって知りませんでした。
手作りの温かさと使いやすさ。
手にしたときの感触がすごくいいです。

オマケまでありました。
by hi-vison_1103 | 2015-03-06 13:58 | クラフト・アート