タグ:お菓子 ( 119 ) タグの人気記事

うろごそParis 13秋・携帯(13)

昼のちょっとしたおしゃべりの時間など。下戸のシャンパン。

グラスはほとんどBのアンティークで私がわざとブルブル手を震わせるとお二人とも笑われます。

e0001406_20442264.jpg

色んなところにアンティーク。
話を聞くのも楽しい。
ゆっくり、簡単な言葉で話して下さる。

今週末の法要の準備に私の胃が痛んでるのを遠い空から心配して花の写真などのメール有り。
優しい。
嬉しい。
でも、まだ胃がイテテテ。電話1本で私を動かす母。遠く離れてる一人っ子、ガンバル。
M子さま、薬効いてます。
e0001406_2044544.jpg

by hi-vison_1103 | 2013-11-20 20:55 | うろごそParis13秋携帯

うろごそParis 13秋・携帯(12)

「一度、味をみてみたい」とお店の事を聞きました。
私の都合と荷物の都合がよかったら、と添えて。
今回は人に会うのが多かったので、無理せずダメだったらごめんね、をしようと思っていましたが、
ちゃんと上手く空きました。

e0001406_2145677.jpg

住所を出発前に見て、もしや、と思っていました。

以前、アクセサリーを買ったとこじゃないかな。
当たり。
その店は何年か前に無くなっていましたが、空き店舗の後、ここになっていたのでした。
コンパクトだけどどっしりとした老舗。

低下したフランス語でどうにか。
でも、響く響く。
なんとなく喋ってる気になってしまいました。
ビシっとしたスタッフ、とても丁寧な対応でした。
どこへ行っても同じパターンで礼儀正しく
「ここで旅の記念に写真を撮っていいですか。」
すると
「もちろん」
e0001406_2143930.jpg


味見にウチも買ってきました。
西洋菓子って感じ。
しっとりドシっと重量もある。
お菓子をたくさん食べない私も美味しい。
百聞は一見にしかず。
まさしく。
e0001406_2144943.jpg

by hi-vison_1103 | 2013-11-17 21:17 | うろごそParis13秋携帯

宝石果実・夏

一昨日到着。
マンゴーは完熟して美味しくなったら送って下さい、とお願いしたそうで
5、6個と順次着き、その都度小鍋で作るのが縁さんらしくって微笑ましい。


今回は特に薫り高く、サンドイッチ用の薄いパンをカナッペみたいに小さくして
焼いてその上にこんもりと。
そのままで食べたいけど、やっぱりパンと一緒に。

e0001406_20403751.jpg



季節季節の味わいです。
お便りと共に丁寧に届きます。

e0001406_2039381.jpg


今回もすでに桃は完売。早い。
by hi-vison_1103 | 2013-08-02 20:41 | 食べ物

「楽勝でしょう」

今日の授業も難しいところを当てられてしまい、半分が答えられなかった。
今度、習熟度の試験があるけど男性の准教授が
「楽勝でしょう」と笑いながら。
プレッシャー。

出発前に美味しいものを。
e0001406_17152546.jpg

疲れとれる魔法果。友達にもコーヒーと一緒に。
売り物だね、って。
売り物です。

e0001406_17151193.jpg

大魔王に近頃の事を話すと、
先生方、君のハードル上げてくれてる。

ホントにそう思います。
マジきつい。マジ楽しい。

女性の先生は、
「休んで気になるところはどんどん自分でやって送ってくれたらいつでも添削するから、遠慮なく」
と昨日もメール。

介護しながら、欠席しながら、オバちゃんは恵まれてます。
by hi-vison_1103 | 2013-07-22 17:22 | オバ学生

Galette des Rois

新年祝菓子

e0001406_15235760.jpg

新しい仕事のパートナーになってくれた人から届いていました。

近頃は色んなものを読み返す日々です。
大事なメモを書き続けてるノートに一番印象に残ってるのは
個人的にも繋がりのあるアツシさんの言葉。
滞在してたParisで毎朝パンの焼ける香りのくだり、
水をこぼしても、携えてるものでさっと拭く生け込みに行く途中の電車のくだり。

美をなりわいとしてる人達の一挙手一投足はとても興味深い。
力強い。
海の向こうで作家生活をしてるHIROKOさんにもこの1年たくさん慰められました。


違うスキルを磨くのに去年は新しい組織に入会できたし、
辞めない家庭教師、という頻度でどうにか平行していけそう、いこう。
by hi-vison_1103 | 2013-01-02 15:52 | kt-works

しっとり美人

おいでになっていたのでした。


e0001406_13172115.jpg

すでに、シュトーレンはお腹の中に。

うっとり美人は見てるだけで和みます。
ここの土地のアクセントでゆっくり話される丁寧な言葉も素敵。

今年の初夏から義母の輸血色々の何度かの入退院や実家の母の手術の行き来。
不謹慎な嫁だけど、3年連続になるかなぁと心の端でほんの少し。
年賀状の準備やお正月らしいものを目にすると、普通の年の瀬の嬉しさ。


年末年始は寝る、寝る、寝る。
by hi-vison_1103 | 2012-12-26 13:29 | 食べ物

春よ恋

疲労快復陣中見舞い等々。

缶の内蓋開ける度にいい香り。

e0001406_1331194.jpg

 
懐石の初釜みたいな。
台湾行き来の茶主人の会。
前回話を伺っただけでもうらやまし〜

いつか。

e0001406_1331717.jpg

by hi-vison_1103 | 2012-12-16 13:38 | クラフト・アート

チクテシュトーレン2012

開業時から親しくしてても、フェアなチクベ〜さん。
FAX通じるまで1時間。個数90に入るよう、頑張りました。
今年もどうにか。
担当の「Iさん」、確認の電話を頂いた時
「まだ、FAXずっと鳴ってます」

箱も毎年、大事に使ってます。

e0001406_1642441.jpg

by hi-vison_1103 | 2012-12-03 16:45 | 食べ物

薫るUK

香りマニアの私に「どストライク」でした。

e0001406_15151120.jpg

蓋を開けて香りを。
今までの疲れが緩む。
目に見えない香りの威力炸裂中。

駐在郷愁里帰り旅のお福分けは・ま〜ゔぇらす・でございました。
流石の手づくりニンジンジャムで出かける前の英気養い。
by hi-vison_1103 | 2012-05-17 15:20 |

うろごそParis 12春・携帯(7)

借りてたとこのすぐ近くの桜。
よくこの辺りを散歩しました。

e0001406_2254654.jpg


散歩の途中。
たっぷりのコーヒーと共に。
パパさん曰く
「バスケットのピボットみたいな日々」

e0001406_22511633.jpg

このじ〜〜っとした休養はやっぱり必要なものでした。
出発前に義母はちゃんと退院できたし、なんと帰国してからは私の母が具合が悪くなるというタイミング。

「ちゃんとうまいことになってる」という電話の声に送り出されて、実家の日々。


病人食も美味しく美しく、小包丁で刻んでます。
呆れ&褒めつつで「ホントに作る方が好きなんだね」
まさしく。
今日の煮物もお粥も中々の出来。
さて、ホテルのお風呂にぼちぼち入ろう。
by hi-vison_1103 | 2012-04-22 23:08 | うろごそParis12春携帯