車でビュンとケーキ教室

e0001406_16164571.jpg

息子が小学校1年生の役員会の日。すっごくいいバナナの焼き菓子の香りが...
ついつい真横に座ってる人に、ここに越してきてお菓子教室探してるけどなかなか..と言うと、
「私教えてるけど...」「...........(絶句)」
役員会なので話が固くならないようにケーキを持って来てたのでした。
それ以来ずっと生徒してます。お互いの子供は大学も卒業してるし、長いものです。
今日は全粒粉、強力粉、薄力粉のサクサク生地のキッシュでした。中はカレー風味でエビと玉ねぎとジャガいも。本日のケーキは毎度ホールでお持ち帰り。でこのまま。まわりが壊れやすいので、家で型から出しました。試食は先生の作ったモノ。
e0001406_1617051.jpg

先生んちのテーブル。
e0001406_16173841.jpg

今日の試食「胡麻のブーレ」(1個主人に下さいました)
# by hi-vison_1103 | 2005-07-20 16:41 | 食べ物

アテネ観戦ペア

昨夜、スポーツの事でわからないことがあって、去年9月、東北で知り合った東京在住のOLさんにメールで尋ねました。即返。わかってスッキリ。で、今どこ?って聞くと松本でバレーの応援してますー!。
東北うろごそを一人で2泊3日。その時にかわいらしいOLペアと現地の農業高校生ペア知り合いました。楽しかった。OLペアはスポーツ観戦が大好きでアテネまで行った、と。その中で私がビデオ、〜なら残ってるなぁ、というと「映ってるかもです」家に帰ってみたら、あった......。嘘みたいなホントなんです。
ちゃんと顔に日の丸をペインティングして。
以来、おばちゃんが困った時にはいつもメールでお助けウーマンをやってくれてる。ありがたい。
e0001406_2175125.jpg

新潟駅を出てひなびた感じのとこ。好み。
e0001406_218226.jpg

山形に行くために乗り換え。人が少ない。
e0001406_2182356.jpg

列車の名前も米どころ。
e0001406_2184248.jpg

日本てやっぱり瑞穂の国だなと思う。山形も大好きになった。
e0001406_219342.jpg

色っぽい感じがした最上川。
# by hi-vison_1103 | 2005-07-18 21:36 | うろごそ国内

うろごそ一人旅

山の柴刈りと川での洗濯を済ませ、おじいさんは家。クロエおばあさんは一人うろごそへと向かいました。
e0001406_2137383.jpg

出発ぎりぎりまで家事をしてるので飛行機に乗ってるのは10分くらい(に感じるくらいに寝てる)
渋谷行きのバスをいつものとこで待つ。
e0001406_21405072.jpg


ホテルに着くまで、車上から時々道路の合流点を眺める。

e0001406_21454050.jpg


今回は曇りの景色を部屋から眺める。息子と約束をしたりするのに丁度いいのでいつも同じホテル。案内してくれたスタッフに「すみません、アイロンを貸して頂きたいんですけど」
快諾。

e0001406_21485991.jpg

朝からほとんど食べてなかったので、ホテルの一階でブランチ。
意外(失礼)に美味しくって、レモンマスタードはかなり美味しかったです。パン自体も。

e0001406_21512055.jpg


脛に傷持...ではない腰に小さな爆弾と体の中に若干のハンディがあるので、荷物は極々少。
きちきちにつめたミニミニトランク(機内持ち込みOKくらいの)に入ってたシワシワのワンピースにアイロン。
急に食べたのでぼんやりしながらかける。
夜は下着を洗濯。
「どこまで荷物を少なくできるか」は、一人旅のいつも楽しみです。
# by hi-vison_1103 | 2005-07-16 22:03 | うろごそ国内

生の声が好き、

ということを、毎度毎度で納得してきました。陽子さんしかり、他の人の舞台しかり。

何ヶ月も前から準備してやっと取ってたチケット。前から5番目。
「新編:吾輩は猫である」7月13日公演分。
e0001406_0165025.jpg

小林聡美さんと高橋克実氏がメイン。好み俳優さんしか観ないってせいもあるけど、年齢と共にみなさん益々素敵です。
生身の夏目漱石とその妻。そんな感じの舞台でした。
小道具を失敗することもよくあったりセリフ忘れたりするのもなかなか興味深くって。どんな風に繕うのか、とか。誤摩化すのでないから目を引く、面白い。
世田谷のほんとに小さい劇場でしたが、観やすいいいとこだった。
ここのトイレを出たときに渡辺えり子さんと鉢合わせでした。
e0001406_017397.jpg

劇場に入る前からな〜んか気になるカフェ、1軒。真ん前にあるんですもん。
マクロビオティック人の鼻が.....クンクンクンと。
お店もまだ開店したてみたいでした。
豆全般?のカフェ。コーヒー豆、あずき、金時豆、等々。
コーヒーと宮崎産の枝豆のものを頼んだら美味しかった〜。もうチャンスは中々ないけど、ハズレ無しでした。いかったっす。
# by hi-vison_1103 | 2005-07-16 00:33 | うろごそ国内

表現するということ

女二人だけの夕食は想像に値する楽しいものになりました。6時半からなんと11時まで。
「もう、私って〜..」「いやぁ〜」「あらー..」ってあの鈴のようなかわいい声で話す陽子さん。
ほんと同年代?(ほぼ一緒)
聞き取りやすいしゃべり方は本人の生まれながらと鍛錬と。
聞いててホントに気持ちがいい。極楽、極楽。
e0001406_13382637.jpg

今週土曜日(午後11:10−11:55)、BS2で「名作平積み大作戦」に登場。水曜日のhi-visionは間に合わなかった。↑このステラに特集で詳しく載ってます。陽子さんは「夫婦善哉」をプレゼンテーション。もう一方は「ドン・キホーテ」
e0001406_1339028.jpg

そして先月、こんな本まで出されている。世界史も予定されてるそうだけど、私は次の怪談話も待っています。声の抑揚のついた怪談ってすごく面白い。

お寺で聴いた野村万蔵さんの「耳無し芳一」今でも思い出せる。あ〜、こわぁ。でも、良かった。


「もう、私って大雑把で、も〜」
今回何度も陽子さんはきゃらきゃらと笑っていました。
いろんな仕事を一杯いろいろやる。

頭のいい人だなぁ.
帰りしなに私に向かってかわいらしくずっと手を振ってくれた彼女を見てそう思っていました。

去年、由緒あるお寺の三十何代目かのご住職の奥様になられました。
幸せ一杯。
若く見えるのも無理ないか....おめでとうございます!



夏帯を  ゆるく結びて  里に着く   (神田陽子)
# by hi-vison_1103 | 2005-07-15 14:17 | うろごそ国内