恋慕渇仰

e0001406_1543093.jpg

本屋さんにぷらっと入って「背表紙がきれい」、となんとなく本棚から取り出しました。新刊本。大型本や美術書のところ。「緒形 拳」という文字が目と頭で結びつかない。お、あの俳優の。しばらく立ち読み。

学生の頃、「東山魁夷」の個展を観に行ったら大きな絵のなかに小さな滝。いいなぁ、と見とれてると、滝の音がする。ちょっと気持ちワル。やっぱり聞こえるような気がする。翌日観にいってもそれだけは聞こえる。
それが唯一の珍しい経験。

この「恋慕渇仰」は書の本でした。その中に「雪月花」があった。
よかった。
見てるだけで、雪が降るとこや月の光、桜の花がリアルに想像。滝の絵とおんなじ。
ほんとによかった。
買って帰る。そしたら書道がしたくなりました。単純。
慎重な私は、いやいや本にうかれている。1週間この気持ちが続いたらどうにかしてみよう。
続いてしまいました。
電話帳でえいやっ!とイメージで1件選び問い合わせの電話する。
「まずは教室をご覧あそばせ」と上品な声。
その教室が今に至っています。
1993年の本。氏は5才からずっと書いてるのだそうです。
e0001406_15433237.jpg

さっき墨の準備をしててこぼす。つい、「ずさんやなぁ、甲(かぶと)の下のきりぎりす」

もとは、芭蕉の「むざんやな 甲のしたの きりぎりす」
似たような言葉が何か出てくるとすぐいじってしまう。
文学少女になれなかった雑文学少女のなれの果て。
# by hi-vison_1103 | 2005-07-07 16:22 |

幣(ぬさ)

e0001406_16202290.jpg

竹富島に入ると静かで、のんびりと自転車が通り


e0001406_16203561.jpg

シーサーが見張りなんぞしてくれるし


e0001406_16211925.jpg

ちょっと歩けばキジムナーが現れそう。


e0001406_16215854.jpg

朝には遠くで親子が散歩していました。


「このたびは 幣もとりあえず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに」
季節が違うので場違いな歌ですが、私は「幣」という言葉が何故かとても好きです。
ピシッとあらたまる気分。
# by hi-vison_1103 | 2005-07-05 16:31 | うろごそ国内

青空(西表島編)


e0001406_13432989.jpg

港に着いて、

e0001406_1343353.jpg

森を散策、

e0001406_1344051.jpg

浜も歩く。
去年のことです。
# by hi-vison_1103 | 2005-07-01 13:49 | うろごそ国内

青空

e0001406_12504910.jpg

どこか仏国の田舎です。
e0001406_12511465.jpg

アヴィニオン。
e0001406_12511534.jpg

去年の石垣島の森の中。上を見上げたところ。
# by hi-vison_1103 | 2005-06-30 13:02 | うろごそParis 昔

袖すりあうも他生の縁リレー。K子さん。

e0001406_14305592.jpg

パリの地下鉄。
年2回、短期間だけどパリに行くのを楽しみに暮らしています。
1年半くらい前、ケーキの先生とYっ子ちゃん↓になにかいいものないかなーと、うろうろごそごそ。
調理用具店。しばらく店内を見てると「日本の方?」とマダム(日本人)が。「はい」と答える。
「絞り袋の口金、どんなのがいいのかしら」
その店でしばらく二人で話す。
「外でお茶飲みませんか?」と私。
ここらあたりで見つけてた小さくて好みのお店に入りました。
「こんなお店があったのね、知らなかったわ」
ちょくちょく日本から来られてるらしい方でした。
e0001406_1431870.jpg

お互いのこの度の旅行のことなど色々話す。一人旅同士。初対面なのに昔から知ってる感じ。不思議。
メールアドレスだけ交換して「またパリで会いましょう」

日本で1度だけメールやりとりして予定が少し変更気味と聞きました。それからまたしばらくして今年の3月にパリ行く前に何気なくメールしたら「パリに住んでるのよ。出来たらお会いしましょ」

オーマイゴッド。

色んな変化に対応しつつ自分のやりたいことを進めてらした。そしたらパリに住むことになった、と。
3月にオペラ座の前で再会した時、お久しぶり〜!と子供みたいに喜び合いました。
# by hi-vison_1103 | 2005-06-25 15:21 | うろごそParis 昔