<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

うろごそParis 08春(6)


「ルーブルに1日居た日(1)」

体調も気分も乗れば、やっぱり来るところ。


e0001406_2185925.jpg


全体がとても広いので、人が多くてもゆっくりすごせます。




e0001406_2191540.jpg


フッと覗いたとこにもいいナ、と思える瞬間がたくさんあります。

それでついつい、歩き回りすぎて疲れます。
今回もバテました。




e0001406_2193439.jpg


いつも忘れるのだけど、今回はルーブルの中だけどれくらいだろうと計ってみようと思いました。

万歩計、忘れずに持って来ましたが、ルーブルの時は忘れてしまった。
やっぱり私らしい。

ある日のそんなに歩かなかった日。
結構歩いてました。


e0001406_21221415.jpg


帰国してからすぐに仕事があるので、体調管理には慎重すぎるくらいに気をつけます。
早目に部屋に戻ってまずお風呂。
(多分、花を買った日。ハブラシや何やらが雑然)



e0001406_21222721.jpg


E・オイルだけでなくクナイプも持ってきました。
い〜い湯〜だ〜な〜。

そしてそのあと毎日1時間くらい、ストレッチとヨガをTV見ながら。
床にバスタオルを敷いて。



e0001406_21224464.jpg


前回から 「mmeazoresさん」に教えてもらったゴルフボール。
この上に足の裏を載せて強くゴロゴロします。
翌日の腰の疲れが全然違ってきました。



e0001406_21225523.jpg


ちかれた〜!と思ったときには「頃子さん」の生姜をガリガリ。
シール袋に入れて持参。
安心できます。



e0001406_21231127.jpg


「ねいさん」からのノート。
通じない時に絵を描いたり、メモを人に渡したり、ホントに役立ってます。
今回作りが丁寧って褒められた「かいたん」のペンダント。
「tripperさん」の真似をして前回の写真を渡したり。

一人うろごそと言いつつ、みんなに頼って楽しくうろごそってます。


e0001406_21232685.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-28 23:58 | うろごそParis08春

タルト・ココ・バナーヌ

臨時,書の稽古の今日。
年に2回の昇段試験が近づいて、にわかに墨まみれています。
それでも慌てないのがスゴイと半ば呆れてるパパさん。

出来は悪くても、締め切りにはいつもどうにか合わせられます。
ちょっとでも先生に個人添削してもらう時間を頂こうと、ホールごとお土産。

「きったな〜い」
と言ったのは、ご近所イサドラ。

まぁまぁ。
社会の潤滑油ってことで。

先生、とても喜んで下さいました。
別枠時間、2つ、GET。
e0001406_23153711.jpg


練りパイなので、自宅用は残ったパイ生地でクッキー。




e0001406_2316241.jpg


正座の時間が長いので、気分転換にちょこちょこ台所に立ちます。
セリ御飯。

パパさんは山菜系は嫌いなので、玉子で隠す。
セリは苦いくらいに入ってます。

分からずに美味しいと食べていました。



e0001406_23162133.jpg


遠くから届いた独活と菜の花。
塩とオリーブオイルだけ。


e0001406_23164953.jpg



配達の野菜の中にネギの香りが強いのがあったので、マグロをたたいて。
ゴマ油や山葵でタレを作ってまぶしました。
茹でると野菜ってホントに小さくなる。
ネギ1束がこれくらい。

大魔王、ほぼ一人で完食なり。





e0001406_231787.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-27 23:49 |

うろごそParis 08春(5)

「フランス懐石の一日」

ってそういうジャンルでなくって、私が通ってる懐石料理教室と同じ感じがしたのでした。

前々回、ご縁のバトンリレーのお陰で教室に参加できることになりました。
ところが日程が合わずに今回初めて参加。
うろごその唯一の予定。

スケジュールの都合だけのことだったのに、先生が恐縮されて今回は招待ってことになってしまいました。
おーまいごっど。
めるしーぼく×100。

素敵すぎる邸宅でした。
ご自宅教室なので、ぼんやりと。

e0001406_7532778.jpg



お手伝いの方もいらっしゃってうまくレッスンが進みます。
先生の話し方や笑顔で時間がゆっくり流れる。

誰も知った人はいないけど、普通に過ごせてしまいました。
みなさん、急に参加した旅行者を面白がってくれたし。



e0001406_7534353.jpg


生徒みんなで台所に移動。
ダシがコトコト。
少人数で和気あいあい。




e0001406_7535375.jpg



ベジ子なので新鮮!


そして、え!?ほんとはそうなの!?ということも他の料理でたくさん聞かせていただきました。
歴史も。
やっぱりご当地です。






e0001406_754442.jpg



前菜からちゃんと始まって、最後のデザート、コーヒー。
使われてるものは受け継がれてる骨董でした。
そこも懐石の先生と同じ。
やっぱり使われてこそ、ですね。
それだからって言うわけではないけど、扱いが自然と丁寧になります。





e0001406_7542079.jpg



廃盤になってるCストフルだそうで。
手入れも重みもじっくり伝わる何かがありました。

とてもシンプルで「間」が感じられるテーブルでした。
畳に座るという差はあっても、ここでも同じ感じ。
「間」というのはほんとに大事なものなんだな、と改めて思いました。



先生ご自身の所作もほんとに丁寧。
無駄がなくってさすがプロ。


e0001406_754318.jpg



ご本人はとても美しいブロンドのマダムです。
大学生のお孫さんがいらっしゃるとは!

来月の懐石教室で、先生!同じでした!
と口角泡を飛ばしながら話すぞ〜

うろごそ中のリラックスな5時間でした。




e0001406_754412.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-25 10:49 | うろごそParis08春

うろごそParis 08春(4)


ほんとにビックリしたね、と何度も言いながら二人で暫く道なりに歩いていきました。

そうですか!
そうなんだー!
へぇー!

Tさんとの共通点もたくさん。

街角の小さなカフェで話したけど、お互い時間があるとき御飯でも食べましょう。


e0001406_232766.jpg


時間の都合のついた別の日。
せっかくだから、ここらしいとこに、と私が誘いました。
夕方でした。


おお、なんだかオペラ座みたい、とTさん。



e0001406_2323785.jpg


こういう賑やかなのもいいものです。
でも、今日も満員っぽい。

そこはオバちゃんの底力。
「Tさん、私が適当に注文するから、2席先にとってて」
「は、はい!」
と小走り、Tさん。



e0001406_2324879.jpg



この階段を駆け上がり奥に。




e0001406_233488.jpg



Sバックス。
市内の他の店舗と違う感じが面白くて好きです。


e0001406_2331846.jpg


長く勤めていた会社の話や、独立してからの話。

今頼まれてる仕事のサンプルの一部も見せてもらったり。
休養と仕事、半々の今回の旅だそうです。
一人うろごそ同士のとてもいい時間を過ごさせてもらいました。

メールで、今日もまだ欧州移動中だそうです。

旅の疲れを取るストレッチをSバックスのナプキンに描いてくれてるとこ。
細身のブーツ。
膝下の長いこと〜っ。

e0001406_2343325.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-23 00:02 | うろごそParis08春

うろごそParis 08春(3)

今回のうろごそでは、えーっ!というハプニングがありました。



行きのいつものベジ子食。
CAさんが、ちゃんと挨拶にこられるあたりから、静かですが何?っていう雰囲気が回りにあります。
言葉が丁寧なので、
「特別のお食事、準備させていただいております」
は、インパクト有り。
ホントはベジタリアンミールです、ぐらいが。

昼ご飯。



e0001406_2355384.jpg


途中のおやつ。
みんなのビニールに入ったデニッシュよりちょっとよく見えるので、視線に気づかないふり。

前後から、あれ、何?という声が聞こえますが、通路挟んで真横の女性はいい感じにこちらを見ていました。

背が高い。
綺麗。
スレンダー。
モデルさんかアーティストだなぁ、一人旅っぽい、と勝手に思い込むベジ子。
e0001406_236594.jpg



Paris到着前。
この中、いろいろスパイシーなのが入ってて、ベジ喜び。
何にしても、胃にもたれないのが一番です。



e0001406_2361587.jpg


ある日、とってもいい鐘の音がする教会でちょうど鐘が鳴り始めました。
ご近所仲良しのイサドラに日本時間を確かめて電話。
聞こえる?と聞いたら
「鳥肌モノ〜〜」と喜んでくれました。

で、そのあと違うところに移動。
ポンマリーという地下鉄に乗ろうとして、あ、工事中と思い出しました。
極端にパッと直角にセーヌ川沿いに左に曲がりました。
すると、真ん前にあの通路挟んだ真横のスレンダーさん。

私は右手を前につき出して
「あー!」
スレンダーさん、指の長い両手で口を覆って
「えー!」

彼女からずんずん近づいてきて、
「parisのどこにお泊まりなのかお聞きしたかったんです!そして、あのお食事何ですか?!」
「ベジタリアンミール」
ちょっとした二人道中が始まりました。

彼女はデザイナーでした。


e0001406_2362691.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-21 23:53 | うろごそParis08春

絵付け

陶芸の日。
素焼きが出来上がってました。

低温でまず焼く素焼き。
低温って言っても1000℃を越えないという感じで先生は使ってます。
数字に麻痺しそう。




e0001406_23181219.jpg


今のとこ、割れてなかったので、よかった。

パパさんのもやっぱりどうにか通過。



e0001406_23182627.jpg


鼠志野だけど、織部も加える予定の列。



e0001406_23183994.jpg




アツシさんとの以前の話から今回、試してみる自分なりの「橋シリーズ」(予定)。
本焼きで上手くいきますように。

e0001406_23184975.jpg



Y先生は、長い事私の筋肉のバランスを取ってくれる先生。
私のコンディションをよく知ってくれます。
毎週お世話になってますが、うろごそ海外後も自分の感覚に忠実に、とよくおっしゃいます。

人それぞれですが、ベジ子なのに、私は帰って直ぐに玄米はちょっと食べたくありません。
徐々に元に戻ります。

今日もパンが多い。
フレンチトースト。
パンは保存してあった「チクテ」のカンパーニュ。
うろごそで買ったパンは冷凍庫に待機。


e0001406_23194355.jpg


バターだけは買ってきたものを使ってます。
帰る当日に詰める直前をパチリ。



e0001406_23195672.jpg



1ヶ月前くらいから、この地に住む義父母、両方共が具合が悪くなりました。
重くはないものだけど、いろいろとあっちゃこっちゃ。
食事を運んだり、買い物、いろいろ、いろいろ。

うろごその準備もあった時に、ベストなタイミングで「かいたん」から。
色自体も元気がでるものだなぁ、と思ったものでした。
嬉しかったー。

e0001406_23202497.jpg


自分ではもったいなくてなかなか買わない日向夏、じゃんじゃかと食べました。
ユカリさんの「コンフィチュール・ムラカミ」と一緒に。
甘酸っぱいものって、カラダも気分もシャッキーン!
有り難かったです。


(↓うろごそ直前の写真)
e0001406_23203792.jpg


そして、パンを多めに食べながらでもぼちぼちとこんな春の和をたっぷりと食べています。
春の香りと苦みっていいものです。



e0001406_13363.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-20 23:51 | 陶芸

うろごそParis 08春(2)


スローテンポすぎるけど、よく歩きます。
花屋さんは特に覗きこんでしまいます。


e0001406_0413456.jpg


こんにちわ〜、でなくってボンジュー。
外から見て、ここでブーケを作ってもらおうと入りました。


e0001406_0415597.jpg


今、奥で優しそうな女性の方が製作中。
温かで、とてもいい雰囲気の花屋さんです。

私が、たどたどしく仏語で話すと、ウィ〜、ウィ〜、とゆっくり頷きながら聞いてくださる。
どこでも、だいたい同じで有り難いです。

e0001406_0421357.jpg


信号待ち。
私が選んだのを旨く混ぜてまとめてくれました。

自分用でもブーケというのは持ち帰る途中の楽しみがあります。
私はそれがとても好きで下向いて歩いて危ない時も多々,多々。

花ってなんでこんなにいいのかなぁ、と思います。

e0001406_0422819.jpg


部屋の洗面台でちょっと水に。



e0001406_0424369.jpg


さて、今回は忘れなかった本に挟める超薄い花瓶。
携帯花瓶。
こうやって挟んでると目立って取り出しやすい。
薄いってすごく便利です。


e0001406_043186.jpg


この状態ではホントにかたーいビニール。


e0001406_0432582.jpg


それが、熱いお湯に浸けるとびっくりするくらいに柔らかくなります。
そして、それで口元を破らずに折り返せます。
水を入れるとさっともとの固いビニールに逆戻り。

必需品さえもも少なくしてる私なので、こういう類のものがコンパクトなのは助かります。

かなりな優れモノ。


e0001406_0433944.jpg


たっぷりと水を入れられるので不安定にもならないし。



e0001406_0435192.jpg


数日後でもこんなに元気。

ここの花は綺麗でとっても強いです。
扱ってて、がっちりしてるなぁとよく思います。

部屋に帰って花があるというのは旅先でとても嬉しいものです。



e0001406_0441032.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-20 01:56 | うろごそParis08春

うろごそParis 08春(1)


人にも土地にもとてもお世話になった今回。

嬉しいハプニングやお稽古その他諸々。
Merci beaucoup がてんこ盛りな一人うろごそになりました。


ユーロ高にのけぞりながらムシャムシャ美味しいここのベジ子サンド。
え〜っ私でいいの?といいながら優しい笑顔でした。

e0001406_2215742.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-19 02:34 | うろごそParis08春

美人になって帰っておいで。

弁当にして家で食事したあと、洗って広げて乾燥。
じっとみたら、お疲れモード。
毎日何かでかなり使ってます。


今日、エクスパックで作り手の元へ塗りのお願い。
上2本は新しいけど、あとのものは数年が経ってます。
ひとつひとつ違って、だいぶ古い。
でも手に馴染んでとても使いやすいのです。

ベーシックなものって美しいなと思います。

遠くの里で綺麗になって帰っておいで。




e0001406_0332883.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-08 00:57 | その他

’08・3月の二人うろごそ(2)



晩ご飯です。

e0001406_9582578.jpg


すっぽんの汁。


e0001406_9583863.jpg


私はこの野菜、二人分いけるナ。


e0001406_9585146.jpg


脂がのった鱒。

e0001406_959367.jpg


肉食大魔王。

e0001406_9591714.jpg


肉の代わりに私は鮎。

e0001406_9593193.jpg


ぬた。
パパさん、苦手。


e0001406_9594459.jpg

手打ち蕎麦もあります、ということで、パパさんは食べる。
後を考えると、私、パス。



e0001406_9595597.jpg


御飯、御飯。

e0001406_1001588.jpg


最後は水出し珈琲で口もさっぱり。

e0001406_1004086.jpg


朝風呂の帰り。

e0001406_1005523.jpg


早朝より、ちゃんと暖かい。

e0001406_101725.jpg


おはようございます。

e0001406_1011999.jpg


パパさん和食、私洋食。
満腹〜
e0001406_101324.jpg


お世話になりました。

e0001406_1023233.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-06 10:35 | うろごそ国内