<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

一年中長袖


私は一年中長袖です。
真夏も。

30代からの10年はゴルフの10年でした。
ゴルフは日焼け。
最初からずっと、練習もラウンドも長袖、両手袋で日焼け防止。
それがいつのまにか日常になってしまいました。
今は半袖の服はありません。

暑い国の人が長袖や長い丈の洋服を着てて涼しそうなのがちょっとわかる気がします。

届け物を待って、今日はこの格好で出掛けました。
若い人から、「そのバンダナ、いいですね」

うん、私も気に入ってます。届くのを待ってこのジャケットをスタンバイでした。



e0001406_222384.jpg






しかし、これは素敵な和物

送ってくれたねいさんが、「端は切りっぱなしだからまつらないといけないのよ〜」

今日、はじっこ見えないし脱がなかったし、ってこれは答えになってない......






e0001406_2225814.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-06-30 22:29 | その他

仮・祝杯



水曜日、パパさんの仕事は午前中なのでたまに昼ご飯を外で食べます。
今日は大事なミッションがあって職場でいろいろと作業を済ませました。


ミッションがうまくいったので、ど〜ぞ、ど〜ぞ、とビールをつぐベジ子。




e0001406_20542694.jpg



昼間に飲むビールは何やら気持ちの良いもののようです。
帰りの運転は私なので尚更安心。

この生ハムもこっそりとパパさんの皿に移せるので私も嬉しい。




e0001406_2054432.jpg


今日のパスタ、偶然にジャガイモ!
先日,私もイモ系パスタ。


こういうのってあるんですね。
ズッキーニもよかった。

ここの普段よりピリカラで、今の季節によく合います。

白布のテーブルクロスのお店はやっぱり好きです。



e0001406_20545748.jpg


何だったかというと.....


 

気絶しそうだった、先日のこれ。(再掲)
e0001406_20565476.jpg




「割れたのはご主人のほうがうまく直せますよ。あとの金継ぎは僕がしましょう」
と陶芸の先生。

え?そうなんだ。
パパさんの世を忍ぶ仮の姿が役に立ったのでした。

まず、これ。
じっと持ってくっつける作業をしたのは私。


e0001406_2057610.jpg




そして、これ。

綺麗にくっつきました!
今のとこ、ぶらぼー状態。

後はこの線を先生の金で繕ってもらう予定です。
織部に金色なので、またちょっと違った感じで使えそうになってきました。
職場の床で記念撮影。



e0001406_20572186.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-06-27 23:02 | 陶芸

焼き上がり(2)   私編





焼締めの茶碗。


意外な焼き上がりになりました。






e0001406_23473663.jpg





先生は40年以上登り窯で焼き物を作られています。

釉薬を何もかけない焼締め。
先生がメインに作られるものです。
今回、私のこれを見てこういう景色はめったに出ないよ、ということでした。
自分達は10年に1回ぐらいとおっしゃってました。
ラッキー。










e0001406_23475089.jpg






他の焼締めも窯の力でいろいろといい塩梅に。






e0001406_2348379.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-06-25 23:41 | 陶芸

焼き上がり(1)   私編



今年の前期の本焼き。
今日窯出ししたものを取りに行って来ました。

鼠志野鉢 その1

ゆるゆる鉢の方。
思ったような色を窯が出してくれました。



e0001406_22492836.jpg





外側もいい感じに釉薬が流れてくれました。
いろんな料理に使ってみたいです。




e0001406_22494658.jpg




鼠志野鉢その2

すっきり鉢



e0001406_2249574.jpg





ざっくりとした感じにしたかったのが、どうにか出てくれました。
普段と全然ちがう土を使ったのでどうかな?と思ったけど先生が使ってる土はやっぱりいい。




e0001406_2250357.jpg





織部のカフェオレボールその1




e0001406_22513156.jpg





その2




e0001406_22514127.jpg





その3
全部同じ土、同じ釉薬なのに表情が全然違うように出て来ます。

恐るべし、登り窯

先生方、今回の本焼きは延べ4日近く薪を焼べたそうです。
焼き方もいろいろと挑戦されて本当に尊敬です。





e0001406_22515350.jpg





その4




e0001406_22524100.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-06-24 23:08 | 陶芸

水無月の卓


今日は懐石料理教室のお稽古日。
今日も食べ方、お運び、水屋の稽古。
連続して、私が「お運び」役でした。


e0001406_2235573.jpg



水無月の卓

向     茄子 オクラ 大根おろし
汁     ハス芋茎 茗荷 赤出汁
椀     冬瓜 車海老 素麺 三葉 柚子
焼     鰆
炊     生麩 鶏丸 オクラ 針生姜
和     胡瓜 大葉 蟹 生姜汁 隠元 胡麻和
湯斗    香の物


e0001406_224984.jpg




お茶会のような流れのお稽古なので、こういうときはみんなかなり集中してます。

出来上がったのはすぐに私が運ぶので、完成品は1枚もありません。



e0001406_2242179.jpg


失敗しても動じない「間違い大魔王」の私。

ストップモーションのようにたとえ動作が止まっても(DVDの一時停止のように)、先生はじめみなさん、じっと待って下さる。

考える時間を与えてくれます。

内容を聞くとちょっと堅苦しそうな教室みたいですが、稽古をちゃんと稽古としてビビらずにさせてもらえます。
何でも聞けるし、何でも先生は答えて下さる。

通ってる人同士もお稽古がスムーズにいきます。


長年通ってる理由は山ほどです。


e0001406_2243432.jpg




教室なので作り方は書けませんが、先生がいろいろと考えたこの茄子の一品はみんなでいいねー、と。
これからの季節にばっちり。


e0001406_2244640.jpg





運びながら、汁の盛りつけや他のことも手伝い中。




e0001406_224591.jpg




椀種。
スタンバイ。



e0001406_2253298.jpg



今月もお疲れさまでした、と見送ってくれる玄関の花。
はい、疲れました。

盛ってるものが崩れないように全員分を運ぶというのは思う以上に緊張します。

今日も筋肉がパリンパリ〜ン。


e0001406_2254630.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-06-20 22:42 | 懐石料理教室

うろごそParis 07春(17)


大魔王の連続お楽しみ週末。
今日はゴルフ。
おかげで私は家でTVをつけずにすみました。

日曜日、NHKのFMラジオで12:15〜14:00「日曜喫茶室」という私の好きな番組があります。
今日その中の面白い話を電話でご近所仲良しの「イサドラ」に後で話して爆笑。
そして、ゲストの一人が目的無くバスに乗る楽しみを語っていました。

「目的無くバスに乗る」のは私もうろごその楽しみです。

この春も。
いつものように。

ある日、路線バスにひょいと乗りました。
ちょっと覗かせてもらえる日常って嬉しいものです。
左下のチケットを買い足していろいろ乗れます

e0001406_21302729.jpg



路線によってはルーブルを通り抜けるので、なんだか楽しい。
結構びゅ〜ん、という感じです。




e0001406_21304898.jpg




ふむふむ、こういうのがあるのね。





e0001406_2131562.jpg



バスの窓ガラスは色が少しついてて、青っぽくみえます。





e0001406_21312174.jpg





金ぴか像のパフォーマンス。

降りてって、急に振り向いて「わっ!」とか言ってみたい。




e0001406_21314078.jpg



人の視線って感じるものなんだな、とよく思います。

この少年,気づきました。
こういう怪訝な顔をしてますが、私がカメラ下げて大袈裟にニコーーーっと笑ったら、手を挙げて微笑んでくれました。

できるな、巴里の少年よ。


e0001406_21315480.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-06-10 21:58 | うろごそParis07春

一人うろごそ香港  2000年くらい



香港で撮った写真で一番好きなのはコレです。
多分12月。
2階建てのトラム?の2階に乗ってました。
窓を開けて走っていたので夜風が入ります。
丁度、信号で停まったとこ。
待ってる時の雰囲気が良くて、外をじっと眺めていました。
短いけどいい時間。


e0001406_22581779.jpg



今日、夜に偶然うろごそで出会ったお嬢さんから連絡。
なんとなく写真を探したら出てきました。

夜のターミナル。



e0001406_22583580.jpg


 

私のどこかに、香港は原色というイメージがあります。
それも好きです。



e0001406_22584857.jpg




路地好きとしてはやっぱりこういうところを撮っていました。




e0001406_2332116.jpg



ここはもっと見たかったとこだと思います。
仕事をしていた町工場みたいなとこ。



e0001406_2333513.jpg




ごくごく普通の路地。
建物は年代感があっても道の脇にもゴミが無くって、いいなぁと思った記憶があります。



e0001406_2335070.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-06-05 23:57 | うろごそ国外