<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

漬け物好きのロンドンっ子

漬け物好きなGEORGEが今日ウチに来ました。
私の先生でもあり友人でもあります。
先月来るはずがあのテロ未遂で予定が全部ダメになったそうです。
そして、今日になりました。
モロッコのバカンスもダメになり、結局国内のいろんな田舎で過ごしたそうです。
リアルな話を聞けてドキドキ。
彼もベジ太郎なので、遠くのマクロビオティックのお店でお土産を買って来てくれました。
「fig」(イチジク)といいながら、こんな感じにポンと。
糠味噌も自分で漬けてます。
私は玄米のおにぎり弁当を帰りにプレゼント。
オーバーに喜んでくれるのって嬉しいものです。
e0001406_23382236.jpg

GEORGEが帰るやいなや(って高校生の構文みたいですが)、ピンポーン。
おおぉぉぉ....中川ワニさんからでした。
「コーヒーの香りですねー」と配達の人。
外側の包みも越えて香ってます。
e0001406_2338508.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-09-29 23:58 | 食べ物

大好きな「枯れハス」

今日は今月最後の稽古でした。
20代後半から使ってる花鋏。2代目。
そういえば、これで流血したことも多々。手に傷を持つ女です。
e0001406_2382353.jpg

枯れ蓮、ノイバラ、菊。
難しいけど、私は枯れ蓮LOVER。
うーんとうなりながら考え中。
e0001406_2384431.jpg

お手直しもあってまずはこれ。
枯れたものって、華やかさはないんだけど、何故かひかれます。
e0001406_2391144.jpg

次の次くらいにこれに。
普通は1度しか生けませんが、好きなものの時は何度か。
今日は4回くらいのチャレンジャーでした。
立ちにくいものを、どうにかしてスッと立たせることができるとすごく嬉しい。
e0001406_2393313.jpg

私は枯れたものがとても美しく見えて好きです。
ススキのちょっと枯れかけたとこや、蒲(がま)も。
夏櫨(はぜ)の色が変わりかけるとこも。
先生が予備に持ってた枯れ蓮をいいなぁ、と思わずじーっと見てたら、「持ってかえっていいですよ」と。あらら、申し訳ない。
明日、生けてみます。
e0001406_2395346.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-09-28 23:46 |

みっちりトマトのパン

絵里子さんのトマトパンは、トマトがみっちり、という感じです。
これだけトマトが入ってもトマトが浮くことはないバランスがとっても好みです。
ほんとに焼いてます、プライパンで。
オリーブオイルでカリッカリに。
もともとイモ好きの私なので、今日配達があったジャガイモをすぐに調理。
今年はバジルがまだちょっと元気なので、これを使いたいだけかも?
ジャガイモも美味しいし、パンにソースがしみたとこも中々でした。
e0001406_22463337.jpg

以前、クロワッサンという雑誌の創作料理に入選しました。
私は普通と思ってたけど、ネーミングが面白かったのかも、とちょっと思ってしまいました。
全員ので1冊の大型ハードカバーになって書店にも並んだし、本も賞金も頂きました。
マガジンハウスって太っ腹〜。
いろいろ載ってるので、ぼんやりと本の全体像を。
e0001406_2247246.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-09-19 23:13 | 本・映画・音楽

プチベジ太郎、ちょっと頑張ってます

ここの先生のお宅には年2回、窯出しの頃にお客として以前通っていました。
随分前、一緒に行った陶芸を趣味でやってる友達が先生と話し込んで教えてもらうことになったのです。
彼女は帰り際に「ここで習えたらすごいよ。登り窯だし。私、今のとこ止めてでも来る」
私は作るとか全く興味が無かったので、ほ〜...とか言ってました。
結局彼女はご主人と習い始めました。
そして、何年かして、急に転勤になったので、「クロエさん、どお?」と彼女から。
そう言われて習ってみようかな、と思ったのがきっかけです。
偶然そのころ、ちょっと作ってみたいなぁと考え始めていたのでした。
先生にお尋ねすると、二人ならいいですよ、とのこと。
そうすると、やっぱり時間の約束が取りやすいのはパパさんでした。
「人員確保のためにお願い!」がパパさんにとってのきっかけでした。
e0001406_21545380.jpg

先生方も何となくそれがわかっているので、パパさんには厳しくありません。
だから、自由気ままに恐ろしい創造力でやってるので、「あ〜っ!」とか、「ご主人、それちょっと待って!」等とよく声を掛けられてます。
でも、長い事やってるとぼちぼちと様になってきました。
これは、多分?自分用のご飯茶碗。
今日は削りです。
e0001406_21552728.jpg

私は微妙に形を違えて、片口を3種仕上げました。
妙に丁寧なので、めちゃめちゃ時間がかかってしまいました。
今月に素焼きがあって、多分来月末近くに本焼きです。
by hi-vison_1103 | 2006-09-16 22:24 | 陶芸

秋らしい花

今日も今日とて同じものを稽古する私。
ちょっとこれを練習してみたいと思うとかなり繰り返してやってみます。
書道の先生には「同じ字ばかり書かない!」と注意されるし(ノロいということもあるので)、陶芸でも先生達の視線が....。
でも幼稚園の頃からこの通りのペースなので、やっぱり中々かわりません。
花材も先週と似通っていますが、こういう組合せはとても好きなので何度でも。
e0001406_22492425.jpg

今日は昨日ケーキの中心人物のHさんからわざわざお礼のお電話有り。
戦争を体験されてる年代のかたです。終戦の頃、幼稚園くらいだったそうです。
大事な話をたくさん聞かせて頂きました。
その当時の事って聞くことが少なくなってきているので、有り難いと思います。
私はこの教室に10数年通っていますが、習い始めたころからHさんはテキパキと上級者。
大先輩です。
そして、こんなプライベートな話を聞かせて頂いたのは初めてかもです。
戦争の時の話は悲惨な事もたくさんありましたが、一人の女性が生きて来た道を聞けて本当に良かったです。
なんだかとても良かったです。
by hi-vison_1103 | 2006-09-14 23:19 |

長月の卓

今日は今月の懐石料理の日でした。
e0001406_21465249.jpg

長月の卓
向     アボカド 生麩 オクラ 茗荷 山葵
椀     松茸 ハモ 玉子豆腐 三葉 すだち 
炊     穴子 冬瓜 小芋 茶筅柚子
和     ハス芋 胡瓜 茗荷 大葉 しし唐 おろし
冷酒    ジンジャーエール
御飯    栗おこわ
e0001406_21513728.jpg

生栗を一人で剥きました。カンピョウといい、こういう単純作業はすごく好きです。
危ないので包丁を注意して持ったら終わった時にはその状態のまま、右手は固まってました..。
e0001406_21532547.jpg

私達にとって長年使い慣れた道具ばかりです。よその道具は使い辛いことが時々ありますが、ここのはしっくりと馴染みます。
e0001406_21543881.jpg

前回、お稽古日が誕生日っだったお二人にケーキを作っていって、お一人の方はお休みでした。
それで、あのケーキを持ってきたのでした。
確かめずに持ってきたけど、前回お休みだったHさんは来られてました。
よかった!
「ま印」もちょっとだけ。
お料理で長くおつき合いのある方々なので、是々非々に「ま印」を味わってもらいたかったのです。
先生が、一番のガラス皿を貸して下さいました。
e0001406_21582811.jpg

「ま印」フィナンシェを食べて.....
「サツマイモなの?綺麗ねー」
「ゴマがいいわぁ〜」
「え、売ってるお菓子でしょ?」
あなた、いいわね〜、で締めくくって頂きましたです、はい。
みんなお料理好きな人達。興味津々。
e0001406_2272931.jpg

シンプルです。
e0001406_2282366.jpg

開けるといい香り〜
e0001406_2291952.jpg

持ち歩いてしまったのでパイ皮がちょっとずれてしまったけど、キャラメルを作って炒りつけた洋梨にたっぷりお酒が染込んでいます。焦しバターも結構入って大人のケーキ。
お菓子を持っていくとどこでも空気が和むので嬉しいです。
by hi-vison_1103 | 2006-09-13 22:16 | 懐石料理教室

8月のお休み、終わり

今日から生け花のお稽古がまた始まりました。
8月だけは毎年お休みで、1ヶ月休むと、新鮮な気分でスタートできるから不思議です。
ついつい秋らしい組合せのを頂いてしまいました。
普段は鶏頭はあんまり好みでは無いですが、この色はよかったので。
ススキが好きなのもあって選んだのかも。
蒲やススキなど、あんな感じにすっと生えてるちょっと鄙びた場所も好きです。
e0001406_22232623.jpg

ここ、五年くらいはなんとなく東北に偏っています。
去年のうろごそ東北編にはススキは無かったので、一昨年、新潟と山形に行った時のススキ。
丁度最上川を背にして撮ったススキ。
どこかの小さな駅でした。
e0001406_22234940.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-09-07 22:34 |