<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

出来る事を少し

先日のミセス・ノルウェーに今日電話しました。
「今週、私の生け花教室に一緒に行きませんか」
私は何を準備すればいいの?、そこにはどうやって行くの?とたいそう喜んでいました。

先生には今朝、先に連絡を取って花材の手配をしてもらいました。
一度経験するだけでもいいし。
ぼちぼちと、出来る事をお手伝い。

ウドの皮でカリカリ、白ねぎでシャリシャリ。大豆たっぷり。
呉汁。
e0001406_22473769.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-28 22:50 | 食べ物

アトリエ・かいたん

かいたんにお願いしたブローチが陶芸から帰ったら着いていました。
こんな感じで....と言葉でお願いしたら、お願い以上に仕上がって感激です。
1つが、2つになってるし。
e0001406_20473283.jpg

琥珀系の色のブローチはいつも着てるセーターにも合います。
e0001406_20543421.jpg

シルバーのは襟元などにぴったりです。
e0001406_205541.jpg

不器用なねーちゃんに良くできたいもーとからの作品は週末を嬉しい気分にしてくれました。
かいたん、ありがとね〜
by hi-vison_1103 | 2006-02-25 21:02

蓋で飲む日本酒

今日は書道の日。
私が通ってるとこは師範や師範級のとこなので、私はドン底レベル。最初知らずに(私が、)入ってそのままになってます。
書いて来ると60、70代の方々がどれどれどれ〜とニヤニヤして近寄ってこられます。
のびのびしてるけど濃すぎよ。
おおらかだけどここがおかしいワネ。
こんな感じの楽し嬉しのダメ出しばかりされておりますー。
でも、私もそれを求めているのです。今日のボツの山。
e0001406_22571071.jpg

この鯛は昨日のでなく、なんと全然別のもの。偶然に今日小さい鯛を1匹頂きました。
普通に汁。
この椀を出すと蓋でパパさんは日本酒を飲みたがります。
ウチは何でも有りなので、そうします。
e0001406_22572995.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-24 23:11 |

タック スカル ドゥ ハ

今日は出来たら済ませた用があったので、出かける前に洗顔してました。
泡、泡の顔をすすいでる時に「ドン、ドン」と玄関をノック。
インターフォンではなかったので、セールスかな?と一瞬思ったけど、出ました。
「は〜い」
思いっきりホームウェアにエプロン。生え際にはちょっと泡も残ってたけど、拭きながら。
すると「ハロ〜」
多分他の言語を使う人の英語で「〜〜〜〜」見知らぬ人。ちょっと年上のブロンドのご婦人。
ちょっとばかり目がテン。
でもほんの1秒くらいで立ち直る私。
話を聞くと、以前ここの近くに住んでた外国のご夫婦の友人でした。
私の事を話してくれてたらしい。
ううう...出かける一歩手前だったことが正直、頭に中をぐ〜るぐる。
でもほんの少しだけ、相手は困った雰囲気。
私が相手の立場で、もし困ったことがあったら...。と自分の頭の中にある事をどける。
よかったらど〜ぞ(散らかっていたが...)。
ノルウェイの方でした。
色々話して(2時間くらい)最後に「話す相手がいなくて、誰かと話したかった」と言われた。
ちょっと良かったかな。
英語に置き換えるとき、ノルウェイ語でえ〜っとなんだっけ(←私の想像)のようなことを独り言のように何回か。
しばらく話して、「『ありがとう』、というノルウェイ語だけ今日は教えて下さい」と尋ねるクロエ。すると、とてもよろこんで教えてくれました。
おそらく「どうもありがとう」だと思います。
「Takk skal du ha!」今日のタイトル。
また、時間が合ったら会えると思います。
ノルウェイの話も楽しかったしなぁ。
あとでもうダメ?と出かける先に電話したら、まだオッケーとのことで結局用事もうまく済みましたのです。ほっ。

自家製凍み豆腐に味付け、そして好きな「皮」の油炒め。
ウド。
e0001406_2341140.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-21 23:36 |

春は苦い

先週、今週と珍しくいつもと違う時間に花の稽古。昨日の事です。
存知あげてるけど一緒になったことない方が生けてらっしゃる。
いつも優しい雰囲気の60代後半の方。
私が近くに座ったので、いろいろと拝見できました。
素晴らしかったです....。
生け方だけでなくいろんな所作が的確で美しかった。
自分を振り返って、が〜ん....。
写す気力も失せてるのがやっぱり画面に出てます。お〜らら...
(稽古場)
e0001406_2246210.jpg

花といえば、今生け垣の満開の花が毎日山のように玄関近くに散ってます。
掃くのが大変です。
だけど、花びらだけを集めてゆくのはどことなく風情があって嫌いではありません。
わざわざ、透明のビニールに集めて余韻を楽しんでます。
今日の分です。
e0001406_22462988.jpg

野菜配達翌日の今日は新しい蕪をまたおろしました。
昨日の冷凍庫整理のお陰で頂いたお餅が出て来ました!(って、反省もの..)
いろんな野菜を入れてるとのことで、揚げたらこんな色になりました。
好みの新キャベツを千切りにして上にたっぷりと蕪の葉っぱ。
春の苦みというのはなかなか魅力的です。
e0001406_22464835.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-17 23:16 |

カリカリ、ポリポリ。

好きな食べ物は?と聞かれるといつも答えるのは同じ。
「炊きたてのご飯に味噌汁、漬け物。そして後で熱々のお茶」
結局はそれに近いものが多くなります。

玄米をよいしょっ、というくらい板にのして、ゆっくりと気長に焼く。
昆布と鰹で作ったダシは、鰹をだけ普段の倍量。薄口と塩。
玄米は塩を加えて炊くので、キャベツは湯がくだけです。
椀にのした焼き玄米(これは3枚)を入れて熱い汁を注いで、上にキャベツ。
最後に黒七味唐辛子少し。
玄米はそのままカリカリ、ポリポリと食べられるし、キャベツは甘い。
ちょっと強い鰹ダシも相性がいいみたいです。
e0001406_22285814.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-15 22:29 | 食べ物

野菜がカワイイ

偶然に始めた玄米菜食ですが、そのお陰でもともと野菜好きな自分がわかりました。
擬人化して、カワイイ、と思うくらい。
例えば本当に疲れた時は玄米は強過ぎて食べれませんが、野菜はどんな時でも食べられます。
季節がよくわかるし、色でも楽しめる。
毎週配達のグループの人に、ウキウキと野菜の話をすると
「ホント、野菜が好きなんですね....」とちょっと呆れられている。
うーむ...。
e0001406_2134293.jpg

ざくざくと人参、大根、ブロッコリーの茎。味付けしてないダシでちょっと煮る。
お澄ましの味付けもうんと薄く。
いなり寿司のアゲくらいにしっかりと甘辛くしてる刻みアゲです。
混ぜて食べて丁度いいです。
e0001406_21344695.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-13 22:15 | 食べ物

キンピラの残り物汁

先週はアタフタと経理の仕事をどうにか終えました。
やっと税理士さんに渡せてここ数日はホッ。今日もブランチになってしまいました。
で、また早めに晩ご飯。
野菜配達があるとどうしても、皮を食べたくなってしまいます。
皮がついたまま使えばいいじゃない、と言われるけど、皮だけを食べたい。
それで、よくするのがキンピラです。
カリカリ、バリバリ、パクパク。
中の綺麗なとこが残るので、汁の具に。
大根、白菜、人参、アゲの順で2回。別のダシでちょっと味付け済み。
添えた白菜を丸めたのは、意外にも小さい葉が3枚分です。
湯がくとこんなに小さくなるのが野菜なんですね。
e0001406_19495483.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-12 20:07 | 食べ物

ちょっとだけホメられる

今日は半日,パパさんと陶芸。
連休で、さすがに高速も混んでいました。
ちかごろは割と密に通ってる陶芸。
お互いにやってることが違うので面白い。私は今日は削りが主でした。
(その一部。まずまず)
e0001406_1938181.jpg

今日は大きな鉢に挑戦。
ドン、とデカイ塊ひとつで鉢を一気に作る。
ものすごく久しぶりにすごく集中してロクロをまわす。
焼き締めにする予定なので、厚くしたいと思ってたらどうにかできました。
ふ〜。
その時、ご主人の先生のほうから、数年振ぶり?にちょっとだけほめられて、えへへへ。
e0001406_19422229.jpg

朝はブランチだったので、夜は早めに食べました。
頂いた手作りのお餅が残っていたので、ダシですこし柔らかく煮る。
それを小皿にとり黒七味唐辛子をすこし混ぜてまとめる。
湯がいた白菜に包んで大元のダシ鍋にもどし、少し煮ました。
e0001406_1946242.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-11 19:50 | 陶芸

今週の花    木瓜 シャガ 菜の花

クロエさんの木瓜は真っ直ぐで枝振りが面白くなかったはね....。
と先生が気の毒がって下さったが私はいつでも何でもオッケ〜。
春がはっきりと近づいて来るのを、花でわかるのもいいな。
e0001406_22305346.jpg

そして、木曜日もふっふっふ....。ベジ子の日。
無農薬野菜の配達日です。
蕪にたっぷりと葉がついてくるので、これもどんどん使います。
きれいなので、1枚そのまんま。
さすがに苦みが強いので、塩で少しだけもんで、湯がいて丸めて置きます。
切り分けた蕪を2個、葉を1枚。
e0001406_2231732.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-02-09 22:38 |