<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

オレンジの閃光


焚き口の炎はキレイです。レンガで蓋をしても炎がこぼれる
e0001406_14362726.jpg

落ち着くとこうなる
e0001406_14373176.jpg

1回25本を何回するか忘れずにメモ。こういうのがなんかプロっぽい(というかプロ)これは最後の三段目の窯のものでした。
e0001406_14374966.jpg

「中の器がどうなってるかはみえませんよね」と私。
「見えるよ」と先生。見えるとこを開けてくれる。
炎は無く、ホントにオレンジの閃光の中に同じ色をした器が見えました。
どこか神々しい感じです。
「先生、開けていいんですか?」
「あんまり良くない」って閉めました。
お茶目。
e0001406_1438983.jpg

これでも人里に下りてきました。右に見えるのが工房の方の端です。
e0001406_1437329.jpg

by hi-vison_1103 | 2005-08-30 14:46 | 陶芸

炎の魅力

本焼きの一部を見学してきました。
窯の正面にはお神酒と塩が供えられていました。
e0001406_163733.jpg

工房、自宅を移築して登り窯を新しく自分で作った先生↓ご主人の方。1200度以上の窯の中にスナップで薪を投げ入れる。一回,約25本。凄いスピード。写せません。速い。そして、あっち、ち、ち〜っ!60代前半なのにこの若々しさ〜。
e0001406_1624095.jpg

レンガで蓋をすると余分な炎が出てきます。火、や炎を怖がるタイプではないけど、とにかく空気が熱い。カメラ、大丈夫かなぁ、とか思いながら撮ってるとこ。
e0001406_1635134.jpg

奥様先生の方。またしても(当たり前)速い投げ入れ。シュッ、シュッ、シュッ!と。私よりうんとお姉さんなのにこの体力。
e0001406_164715.jpg

時々、セミ陶芸家の人達も手伝う。
e0001406_1633091.jpg

夜の帳がおりてきてこんな最後です。巨神兵が寝てるイメージの窯です。今回はおニューの窯ですがスケジュールもうまくいき、実際もスムーズに進んだということでした。だから私が行った日中が最後の炊きで、徹夜して見る必要はありませんでした。生徒でも邪魔にならない手伝いを、と尋ねたら、回りの木クズを掃除して下さい、と。窯の余熱で火がつくのだそうです。熱さに気をつけて回りを掃除しました。この状態でまだ、中は1200度以上あるのだから、納得です。
e0001406_1635261.jpg

夜になってみんなで食事してるときも「聞き耳頭巾」になってお話を伺ってました。
なんでもそうだけど、知らない事は山ほどあり、奥が深い。こんな作業をして私達が作ったのも一緒に焼いてくれる。上手という事でなく、自分なりにいいと思うのを焼いてもらわなければ失礼だと思いました。夜遅くに私は一旦ホテルに帰りました。
満足〜。
e0001406_16265863.jpg

by hi-vison_1103 | 2005-08-29 16:37 | 陶芸

love love なパン

e0001406_2257695.jpg

外でパンを買う事や家で(今は)焼く事は全くありません。3軒のパン屋さんの配送で助けられてます。
HP「Azumi....」のあずみさんちでちょっと話題にして下さったパンが丁度夕方届きました。
こんな感じの暖かみのあるパンです。
e0001406_22565633.jpg

開業何年かたってるのに、かなり順番を待つマフィンがこれです。
半分に割って焼くのが普通だけど、私は3つにがんばってキレイにスライスして、けっこうカリッカリにして食べることが多いなぁ。
何にも付けなくっても美味しいです。緑茶にも合う。
と、私がよく言うと「そ〜ですかぁ〜」と優しい声で製作者は笑ってます。
合うんだってば。
by hi-vison_1103 | 2005-08-24 23:06 | 食べ物

疲れた〜

e0001406_21485448.jpg

今日はかなり時間オーバーして薬をかけたり、絵付けをしたりしました。
薬の雫を切るのにじーーーっと持ってたり、持ち角度を間違ってどうしようもなく変な姿勢も。
手がつったりして。
真ん中の台にのってないのが私の。鼠志野になる予定。
両横は先生達の。
e0001406_214989.jpg

ロクロのだけ、どうなるか写真に撮ってきました。
今回のちょっとクロエシリーズ。
どんな色に変わるかな?
e0001406_21492198.jpg

これは織部に。
あ!お皿達を写しわすれた....残念。記録したかったのに。

絵付けの部はほとんど失敗したような気がする。
お〜らら.....
これからは体力をつけて、本焼きを見学させてもらうぞっ、と。
お風呂でカラダをほぐそう,,,,,,
by hi-vison_1103 | 2005-08-20 21:56 | 陶芸

涼やか

e0001406_23532786.jpg

by hi-vison_1103 | 2005-08-19 00:00 |

食べたい時に食べる

私は自然に従って。
食べたい時に食べる。食べたくない時には食べない。
2食の時あり、3食あり、4食(これはたまーに)あり。時間は適当。
e0001406_1415074.jpg

by hi-vison_1103 | 2005-08-17 14:28 | 懐石料理教室

イレギュラーな日々

e0001406_21324385.jpg

こういう生け方がほんとに好きです。すっきり、さっぱりと。
by hi-vison_1103 | 2005-08-14 21:56 |

ごま蔵を支えてくれる人達

お盆休みの前にスタッフみんなと会食。ベジなごま蔵はメインが一人だけ魚介類が続く。
e0001406_23415343.jpg

真ん前の女の子は何年も前、私がスタッフに加わる時に手取り足取り教えてくれた師匠。
メモノートは2冊になったな。覚えは悪くないが時間のかかるごま蔵に根気強く。
経営が段々キツくなってきてまさか私まで働く(ピンチヒッター)とは!でしたモン。最初は。
自分の仕事もあるし、家の事もあるし、3足のワラジは足そのものがたりませーん。
e0001406_2343278.jpg

ちょっとしかないお盆やすみだけど、みなさん、ゆっくりして下さい。
e0001406_23442196.jpg

残暑がまだまだ続くけど
e0001406_23464588.jpg

目だけでも涼しくなって欲しいです。
これからも宜しくです。と、ここからもこっそり感謝の気持ちを飛ばすぞぉ。
by hi-vison_1103 | 2005-08-12 23:56 |

葉月の卓

今月の懐石料理教室に行ってきました。
一応気分としては「こっそりと...」載せる。
で、献立と写真のみ。
e0001406_15252632.jpg

葉月の卓

向     煮こごり  たたきオクラ 加減酢
汁     じゅんさい 白玉 赤出し汁
焼     米茄子 練り味噌 茶筅柚子
冷     素麺 大葉 茗荷 椎茸 生ハム
ご飯   おこわ 梅肉 茶豆
甘味   求肥
e0001406_15291880.jpg

これ↓はがんばって私一人で作りましたのです、はい。
順に回したので数が減ってます。

e0001406_15301889.jpg

by hi-vison_1103 | 2005-08-10 15:33 | 懐石料理教室

ANAのベジ食

かなり懐かしいANAのベジ食。写真整理してたら偶然残ってたもの2枚。昼食。
e0001406_21535081.jpg

ラザニアはギトギトにみえるけどそうでもなかった。アボカドのサラダも機内食なのに丁寧。
e0001406_2154518.jpg

夜食。なんてないサンドイッチだけど、スプレッドが良かった記憶がある。
ちゃんとキレイにラップがかけてあった。
e0001406_21545611.jpg

by hi-vison_1103 | 2005-08-08 22:08 | うろごそParis 昔