カテゴリ:書( 18 )

極細ながら細々と

e0001406_17383627.jpg

止めずにどうにか続けてます。
去年、かっこいいmatoi姐さんと話している時、おお〜・・・というヒント。

ほんとそうだ。
全くずっと気付かなかった事。
大魔王に話すとやっぱり
「おお〜・・」
アートをしてる人はすごいな。


先生と久々に電話で私の長いプランを相談。
先生も
「おお〜・・」
先生の指導だと私でも書けます。今年は80才になられました。
友達にふと話してみるって大事。

来年度の会員継続の用紙とか諸々をレターパックで。
連絡も郵送で失礼ながら甘えさせて頂いてます。
隙間がもったいないので、乾物でちょっと膨らまそう。
by hi-vison_1103 | 2014-02-17 17:38 |

墨の香り

昨日の長い会議のあと、超集中。
提出日やその他、書だけで無く私の都合のいいようにさせてもらってます。
e0001406_10194812.jpg

真剣に書いてる時
「君、背中から殺気が出てるよ」と何年も同じセリフが後ろから。
後で運転してもらって先生宅に届ける予定だったので何年も同じ質問を筆を止めず、振り向かず、
「いつから?」
「さっきから」

終わった頃にメール。
週2回、すごいですね。で始まるかわいい内容。詳しくって嬉しい。
今週の必要な事を尋ねた返事でした。
9月まで義父母の用や甥の祝い事が続くので、無理なく余裕を持つために、色んな人の力を借りてます。

ビックリ仰天すぎる。
by hi-vison_1103 | 2011-07-25 10:46 |

会議続き

10年に1回くらいの大きな役員の今年度。
まったく違うことをしてるといい考えが浮かんだりしてます。
書用の辞典を眺めるのも楽しい。
e0001406_23414765.jpg

明日まで長い会議。
とりあえず、一息つける。
楽しみ。その2
by hi-vison_1103 | 2011-07-23 23:49 |

梅雨は特に

子供の頃から抹香臭いところが好みでした。
お寺や神社、法事の時の雰囲気とか。
香木。
伽羅です。
e0001406_1735231.jpg

銘もついてたり、一見仰々しいけど、この香りが一番好きです。
1年中同じ香り。
ゆっくりじんわりと熱を通して。
清々しくすか〜っとする感じ。
勿体ないのでいつもカッターでほんの少しずつ使ってますが、梅雨は多めに。
懐石教室で初釜の先生の伽羅はもっといい香りです。
e0001406_17353396.jpg

by hi-vison_1103 | 2010-06-24 17:54 |

二重和紙

次回からこれで有り難く書きこみます。
和紙で二重、素敵です。
古都のお店の方がとても親切な説明で、買う時間が楽しかったとのことです。
e0001406_1731999.jpg

私もつい先日JAZZ会で休憩時、右横の人にひょんなきっかけから東北LOVERの話を。
性懲りずにいつものように口角泡飛ばして。
一息つくとその人、「私、山形県人です」
嘘のようなほんとの話。いつでも料理を教えてくれるそうです。
行きます。
by hi-vison_1103 | 2010-05-26 18:02 |

清書・追い込み中

試験用三種、かなり追い込み中。
e0001406_16424479.jpg

紙が上等だと、私の文字でも少しは綺麗に見えます。
試験用は普段使わない料紙を使ってちょっとでもよく見せようとする魂胆。1枚失敗すると、スターバックスグランデ1杯無駄にした、とか思ってうなだれてます。
もったいないので、ついつい肩も首もコリコリです。
by hi-vison_1103 | 2010-04-11 16:55 |

山桃のジュース

うろごそ出発前の試験もどうにか通り、あとはまたボチボチ。
稽古場に先生の筆がどーんとあるのって迫力です。その一部。
e0001406_16501833.jpg


今日は先生の手作りの山桃のジュース。
暑い中を運転して行ったので益々美味しかったーっ。

e0001406_16502959.jpg

by hi-vison_1103 | 2009-08-07 16:55 |

やり直し

今日、先生の最終のチェック。
臨書2種はOKが出たけど、創作は
「全部ダメかなぁ?」by先生
全部ダメ....
正直、やっぱり。
e0001406_215762.jpg

ここ2、3週間は義父のお祝いや親戚の集まりで嫁仕事フル回転。
でも臨書をしてる時、いいよね〜こういうの、と楽しかったけど
創作はう〜ん..苦手って感じ。
それがちゃんと出てしまいました。ピンポン。
あと2日。
没記念は携帯に残しておきましょう、っと。
by hi-vison_1103 | 2009-04-02 22:00 |

昔の人が書いたのは

近頃毎日、時間を作って墨時間。
こういうモノは「空いた時間に」というのは難しい。
昇段試験のために三種類の課題の一つ。
臨書。見ながらの手コピー。
練習だけど、やりだすとやっぱり面白い。
e0001406_2042494.jpg

昔の人はどうやって書いたのかな、とか
どんな気持ちで書いたのか、とか。
何百年か前にタイムトラベル。
墨をする匂いもいいものです。
by hi-vison_1103 | 2009-03-28 20:24 |

デンマークの鉛筆

卒業以来、手紙で近況を知らせ合う友達と1月に久々に電話で話しました。
年賀状に「会社の研修で北欧に出掛けてくるよ」とあったので。
電話をかけると、おお、おお、と二人で懐かしがりながら長話。
彼女とは学部は一緒でも学科が別。だけど何故か気が合ってお互いの研究室を行き来してました。
5、6年前に結婚を解消して今は2つの仕事を掛け持ち。
爆睡時間が多いので、電話をかけるのも気をつかいます。
彼女が忙しいのでなんとなく、私が旅行の下調べをすることになりました。
私のエコノミーなうろごそ話をすると、そこまでするの!?と大笑いしてました。
先月どうにか調べ上げて、実家帰りの直前に彼女宛にエクスパックをポストに投函。
で、今日お土産到着。予想してなかったのでビックリ。
e0001406_23222083.jpg

王立美術館の鉛筆。
絵葉書や撮った写真の裏に詳しくいろいろが書かれてて、嬉しい贈り物でした。
孤軍奮闘な毎日だけど、充実感が伝わってきます。

書く、といえば。
かなり厳しい試験前の今日この頃。
うーむ....

e0001406_23234924.jpg

by hi-vison_1103 | 2009-03-12 23:54 |