カテゴリ:kt-works( 29 )

古い贈り物

送られてきた箱はとてもお洒落。


e0001406_17242270.jpg


開けてびっくり。
by hi-vison_1103 | 2017-01-24 17:30 | kt-works

今までで最大のキャンセル料


届きました。毎年ずっと。何しても美味しい。
e0001406_23531882.jpg



身内の不幸や他のトラブルの何もないけど
今回直前でキャンセル。前回から飛行機のクラスを上げてたので人生で最高額のキャンセル料になりました。
4日に発つ予定でその3日前に全てキャンセル。ほとんど戻らないのは当たり前。


出発の2週間くらい前にメール。
一人の文学者の方からでした。
「今度、多くの知り合いが集まりますが都合がつけば是非参加下さい」
綺羅星軍団。
何度か行ったことのある小京都のひとつ。
まだまだ先だけど、行きたい気持ちがムクムク。
でも、参加するなら下調べを山ほどしたい。
こちらの方も前期の私の希望をまだ伝えていません。1週間にそれぞれ1回だけの私にとてもよくして下さる。

「うろごそ」してて、帰ったときのことばかり考えたら本末転倒。
行けるけど、帰国後の疲れが残ったまま次の準備をすると、これからの全てのずっとが
少しずつの中途半端をリレーしそうでした。

いや〜、悩んだ悩んだ悩んだ。
でも、一人で決断。
留守する9日間をこれからの準備に当てる。

大魔王に今回キャンセルしたよ、というと
「えーーーーーっ」でした。

でも、やっぱり私はスッキリ。
ホントにしたいことが自分をひっぱるものだなぁ、と。
ちょっと本気。
また働いて貯めよう。
by hi-vison_1103 | 2016-05-10 00:37 | kt-works

優しい話

ここ数年いろんなところの研究会やシンポジウムに出かけました。
紹介してもらって行くので多くの人と知り合うこともできました。
3年ぶりにお会いした研究者の方。
同じくこの両方に参加された人。



e0001406_17112277.jpg



3年前、東京でのシンポジウム後の懇親会は多分50人くらい。
何人か知人もいたけど、移動して初めての人の傍近くで話を聞いていました。
私が一人と勘違いされたのか、この先生が話しかけてくれました。

ここの大学の少し高い棟が出来る時、宮家を見下ろすことになるかもというのでとても大変だったし、有名な事件があったときはヘリコプターが毎日飛んでうるさかったんですよ。

著作や講演会のビデオでお見かけする通りの優しい語り口。

今回再びお会いしたので
以前お話伺った時、とても楽しかったことをお伝えすると
「宮家の話しましたね。覚えていますよ」

ここでもジェントルマンでした。
ちゃんと話せてよかった。
by hi-vison_1103 | 2016-04-29 17:33 | kt-works

若い人達から

この後の懇親会で出会った若い学者さんのご夫婦。

私は前日、来日されてた方とのご飯会のあと左足を少しいためました。
当日の会場では仲良くなった長年の参加者さんと端に座りました。
立食だったので、彼女が私の分も取ってくれる予定でした。
ところが、途中で若いご夫婦と意気投合。
すこしたったら、奥様の方が私と彼女のためにお料理を。
最初は前菜風。
それだけで、もう有り難かったのに、メイン、野菜、デザート、コーヒーをわざわざ持ってきてくれて、感激の大嵐でした。
初対面なのに。
私達は座ったままで随分楽しんでしまいました。
名刺は交換してたので、帰宅して暫くしてここの名物の麺を少し。負担にならないように。
お礼のお便りも添えて。

昨日、お二人からお便りがきました。
美味しいお菓子と共に。


e0001406_1804062.jpg

手紙は嬉しいものだな、と。
近況や色々3枚も。
秋には初めてのお子さんが産まれるとのことでした。



私がやってきたことと180度違うような世界の面白さを知って5年。
たくさんの興味深い人達に出会ってまさかこんな展開になるとは、な日々。
あっと言う間の歳月。











e0001406_1802941.jpg

by hi-vison_1103 | 2016-04-28 18:02 | kt-works

私のジャイアン

e0001406_15591743.jpg



5年まえから資料を読むことが必要になって、毎月5冊の月刊の総合誌を年間購読してます。
10ヶ月で50冊。
どれもなにかの時にパラパラと見る必要もあったりしたけど、たまってくるのが大変。
途中で、1冊をじっくりみて必要なところだけ取り出してホッチキスでとめることにしました。

自分で、これが必要と思ったのを信じて。
後からあれを残しておけば・・があっても仕方ない。
号によってはすごくうす〜く。

表紙は必ず残して日付の代わりに。
ガチャっと綴じる時はちょっと快感。
by hi-vison_1103 | 2016-04-26 16:06 | kt-works

濃密な3日間

3泊4日の留守で、今日帰宅。
今回はかなり真面目な数日間でした。
講義と他の国の人との御飯会と別の日の懇親会。色々と別れたスケジュール。
2ヶ月前から自宅からその大学に近いところの花屋さんをPCで探しました。
私は講義受付役もあり、私自身も花束を渡したかったので。
20数軒ほど花屋さんはありましたが、やっぱりいいなと感じるものがあります。
そして1軒電話。
「◯◯市から電話してますが、お祝い花束贈呈するのでにそちらでお願いしたいです」

電話もハキハキと楽しい店主さんでした。
お渡しして、家で割と長持ちする花とかありますか?
とお尋ねしたら、あるけど今までの長い花屋の仕事で男性は比較的好まない花です、と
勉強になりました。

当日どうしてもということがあったらいけないので、先に御代をお贈りしました。
とても相談しやすかったのと楽しかった、とお便りを書いた便箋でくるんで送金。

e0001406_225438.jpg

9人のスタッフで仕事を始める前に一枚。
写りより、もうすこし大きいです。

大学の正門に届けて届けて下さった領収書の封筒の中にお手紙がありました。
花屋をしてて、お手紙をもらうことはないので嬉しかったです、という丁寧な一筆箋。
花束の当日はとてもとても良い気分でお渡しができました。



e0001406_2303354.jpg

by hi-vison_1103 | 2016-02-12 02:35 | kt-works

ヨレヨレだけど


1日目。
天気に恵まれてよかった滞在でした。
e0001406_21113728.jpg

2日目。
移動中にタクシー降りたところだったような。
講習会場に向かって。
e0001406_2111342.jpg

3日目も降らず。

今回、申し込みの書類提出や色々の後にホテルを取りました。
乗り物は大丈夫だったので2ヶ月前に宿泊を探したら、無い。
20数件後、にやっと。
ちょっとビックリしました。
地元の人に聞いたら、近頃益々取りにくくなってるとの事。
丁度、都大路の時だったのでそれもあったのかも。
ジャージの高校生を夕方に見たり。

2日目の夕ご飯に大学生の参加者とおしゃべり。
長年、耳に残ってる不思議事をたずねました。

きーへん
こーへん
けーへん

ってどう違うの?
彼女は京都では「きーひん」かな。きーへん、は使わないと思う、でした。
関西の言葉の使いとイントネーション、アクセントはとても興味深い。


参加者のみなさんにとてもよくしてもらって、タイトだったけどチャンスが合ったら是非また。
by hi-vison_1103 | 2015-12-21 21:27 | kt-works

たくさんの人達と

帰宅。
生まれて初めての街で研究会。
脳みそがふやけてしまった3日間。
全然関係ないけどせっかくなので、行きたかった店にも。
10席ちょっとなので早目に予約してて正解でした。
e0001406_0211172.jpg

タラバがまず出て、あとは好きなものをひとつずつ。
時間をかけて美味しく過ごしました。
呼び名が違う魚も楽しい。
白泡が美味しく飲めるようになってきました。

一人で平気?とよく聞かれるけど、人とでも一人でも私には普通なので
平気という言葉がイマイチよくわからない質問。
初めての土地でお店の人と話すのはとても楽しい。
私に作ってくれた人、話の間がゆっくりでとても寛げました。


e0001406_0205918.jpg


いつかの夜はこんなでした。

e0001406_0204645.jpg


朝に高いとこではこんな景色も。
新しい新幹線も楽しかった。
e0001406_0203733.jpg


分科会もあったし色々なパターンの研究会。
若い人の発表もフレッシュだったし、すごく先輩の方々はやっぱり経験値の凄さ。
初対面でも尋ねたら親切に教えてもらえるし、佇まいは6、7割。
足りないくらいで接するのってカッコイイと実感しました。
言葉の多くない人の言葉って話す以上に伝わります。

痛切に感じたのはメモを取る時、難しくない漢字でもうろ覚えになってること。
今見てもひらがな、カタカナの多い事。
が〜ん・・・・
by hi-vison_1103 | 2015-08-26 00:48 | kt-works

海老クレソン和え

自信たっぷりに薦めてくれた海老はやっぱりプリップリ。
濃く香る。
冷やして晩ご飯用。

クレソンによく合いました。
ヘビーローテーションになった皿。
e0001406_1871074.jpg

色んなところで飛び入りで学習会に参加。
後から葉書や封書を頂く。
そこには自分が知らない自分のことが時々書かれてあって新鮮。
とっても嬉しい。


先輩方の美しい日本語で書かれた手紙は暫く毎日眺めてしまいます。
by hi-vison_1103 | 2015-04-27 18:11 | kt-works

真夜中の楽園

老親の色々な手伝いが始まって少なくとも5年以上。
最初は双方の両親だったので4人。
義父、父を見送っての今です。
e0001406_16532148.jpg

大魔王と共通してるのは
なるべく気持ちはそのままに。

身体の事を考えたら夜更かしは?だけど、やっぱりやりたいことは集中できます。
私は定時出勤はないので、午前2時3時まで起きてても、弁当と朝食を作っても一度布団へ。
そういう事ができます。
大魔王も、「〜はやる気にならないから、やめよう」というと結構大事なことでも
「いい、いい。やめていいよ」等々。


ここ数ヶ月は仕事に必要でもっと知りたいことが出てきました。
それにはこの人とこの人とに聞きたい・・と思う事が多くなって、封書で直訴。
見ず知らずのプロに。
三者三様、いいですよとか、来て下さい。
私の白地図は色んなところにまだ残ってる気がしました。

めぐりあうと繋がってくる。
私の近くの若い人(♀)の名台詞。
納得。
今夜も資料読み。
by hi-vison_1103 | 2014-12-25 17:14 | kt-works