カテゴリ:クラフト・アート( 35 )

美術の好きな人

本を少しの間お貸したら本と一緒にどっさりと頂きました。まだあります。
美術関係は色んなとこに行かれてるとはいえ、嬉しい〜
展覧会や美術館に行ったときに買う絵葉書は高いのに断らない私。
ちょこちょこお礼や短い手紙の時はとても助かる。
私に必要な貴重な原稿用紙もたくさん。


e0001406_16222519.jpg

by hi-vison_1103 | 2016-11-17 16:33 | クラフト・アート

プロがいっぱい

こちらを筆頭に、ご近所にプロがいっぱい。
私も教えてお金を頂いてるので混ざらせてもらいます。
他の人の分野は書や食や音楽や。

紫陽花の季節が近いと昨日頂きました。
何十年かの教室は一応閉じて、いまは個人的に。
e0001406_16273676.jpg



暫くしたら診療室に飾ろう。
by hi-vison_1103 | 2016-05-22 16:29 | クラフト・アート

こんがり筍


今回も旨味風味、ばっちり。

ご飯や煮物もたっぷり食べたので
時にはこんなものも。
なにしても美味しい。
和、です。
木の芽を一枚ずつにしてたっぷり入れました。
e0001406_12591629.jpg







展示会に向けてがんばってるので
ご近所なのにメールで連絡、ポストで用事の受け渡し。
どんなことでも頼れる、相談出来る大先輩でゴザイマス。




e0001406_1259390.jpg

by hi-vison_1103 | 2016-04-20 13:06 | クラフト・アート

先生のお手伝い

展示会の為に。
先生のお手伝い。
私の写真でいいのだそうです。
e0001406_21573748.jpg



年末に向けてのサンプル画像も。



e0001406_2157154.jpg






美しいものを見られて楽しいひとときでした。

e0001406_21563221.jpg

by hi-vison_1103 | 2016-03-23 22:01 | クラフト・アート

ジャンプ!

気持ちがいい写真なので
新春用にもう一度。

e0001406_17114064.jpg

帰宅。


28日からここの義母が緊急入院。
里帰りしようかどうかと思っていましたが、大魔王の
「かえって病院だからいいかも」ということで年越しは実家で。
しかし、どうなるか分からない毎日で気持ちはドドドドーーーーーっと疲れました。

何かあれば連絡とのことだったので、消音は絶対しないで携帯を持っていました。
しかし、何となく携帯も開けず(旧式の開閉の)PCも持たず今日まで離れていました。
気になりすぎると萎えてしまいます。
病院側も気を遣ってくれたし。

メールも急ぎのが来てなくってよかったです。

義母は小康状態で以前のような危篤ではないので、しばらく様子を見る事に。
地元にたった二人というのはホントに綱渡り。

明後日くらいに私も移動のヨレヨレが出てきそうです。
こんな写真を見るとちょっと気分が華やぎます。
いいな〜
by hi-vison_1103 | 2016-01-04 17:25 | クラフト・アート

でっかいパネル・モデルの二人

自由が丘を大きく飾った二人。
いい笑顔です。
おっしゃれ〜
e0001406_18391887.jpg

ばぁばには事後承諾、ということで。
by hi-vison_1103 | 2015-10-30 18:42 | クラフト・アート

愛着

お見苦しいですが、研ぎ上がっていました。
長い方は昔からので、下は二代目です。

錦糸玉子はこの長いのが私は一番作りやすいです。
e0001406_21105965.jpg


↓この小さいのが一代目。
右は仲良しに送る新品の同じものをちょっと取り出して原形はこんな感じで。
小さくなってしまいましたがくりぬいたり細かい処理のためにとってます。


包丁は先生のとこで使う特注のもの。
私も教室で買ってます。
地方で500年くらい刃物を作り続けてる工場。
とにかくスパっと切れます。
色んな人に贈りました。


先生のお陰でいろんな職人さんと知り合える事ができます。



e0001406_21104547.jpg

by hi-vison_1103 | 2015-10-05 21:21 | クラフト・アート

優しい手紙

もう、かれこれ20年くらいの双子的なR氏。
アメリカに戻ってすいぶんと時間が経ちました。
私が、ここの名物の食べ物を送ったら暫くして第1通目が届きました。

e0001406_23565776.jpg

珍しい、美味しいものを送ってくれていったいどんなお返しをしようかと考えて、旅行の先々で手紙を出す事にしました。

本当に旅行の途中で計5通。
奥さんと娘さんとの3人旅。
その日に何をしたか。
何を見たのか、がとても丁寧にかつユーモア一杯で。
こういう贈り物って本当に嬉しい。
感動です。
e0001406_23555730.jpg


彼は優秀なビジネスマンだったけど、やっぱり合わないことがわかってまずアフリカに3〜4年。
そこの学校建設の手伝い。
それから日本に。
その時に意気投合して親しくなりました。
戻ってやりたいことがはっきりと分かって帰国。
大学でちゃんと資格を取り直して実際に作るほうの建築の道へ。
家を建てるのではなく、もともとあるものを作り直す。
どちらかといえばリフォーム。
木に触ってるとものすごく楽しいと、作り付けの家具の前の写真とか破顔。
遊びに行ったとき、フランク・ロイド・ライト作の家も案内してもらいました。
面白かった。
彼を長年見てると時間をかけてやりたいことを見つけるという充実がわかります。

メールもあるけど、一度もなくってお互いに手紙か葉書。
そういうらしさもとても好ましいところです。
e0001406_23552659.jpg


ゴージャスバカンスの2人からはイタリア頼り。


多分、このあたりのどこかで投函してくれたと思います。
e0001406_23545914.jpg

by hi-vison_1103 | 2015-09-23 00:20 | クラフト・アート

美しい言葉

私が滞在した期間はとてもいい天気でした。
桜にはちょっと早かったです。
この方も2カ所でご一緒できました。

e0001406_1817495.jpg

いろんなところでいい勉強ができました。
ほんとに居心地のいい集まりが多く、こういう年上の女性はいいな、と思う方がたくさん。
賑やかでもなく、静かでもなく。
なんというか良かった。

怖いもの知らず、とかの大魔王が私に言いました。
当たってるかも。

タクシーで移動ばかりしたので、女性のドライバーの方が次は観光もできたらいいですね。
次回は少し考えてみよう。
by hi-vison_1103 | 2015-03-31 18:25 | クラフト・アート

ロシアから届いた白樺細工

あっちこっち出かけて、家で待っててくれた白樺細工。
自分の好みを相談してオーダーできる幸せ。

e0001406_13564096.jpg


ロシアに育つ白樺を丁寧に見つめて。

そして、
ひたすらに。

編むまでの気が遠くなるような丁寧な準備です。

e0001406_13563633.jpg


白樺の薫りってこんなにいいものって知りませんでした。
手作りの温かさと使いやすさ。
手にしたときの感触がすごくいいです。

オマケまでありました。
by hi-vison_1103 | 2015-03-06 13:58 | クラフト・アート