カテゴリ:うろごそParis07春( 18 )

同じ場所、違う時間。



偶然に同じ場所を撮ってるというのは、後でわかると嬉しいものです。
しかし、一人旅とカメラの上級者、tripperさんのショットは美しい。
比べてみてわかるこの違い。


これは、今年の春。
大道芸人のパフォーマンスがこの近くであって、そのあとうろうろしてた所です。
遠いけどパチリ。
何かの撮影のようでした。


e0001406_21261999.jpg




これは2003年の春。
ほぼ同じ時期なのに寒そう。
こういうちょっとピンとした空気もいいものです。



e0001406_21263395.jpg



2004年の同じ時期。
この時もちょっと寒そうです。






e0001406_21264613.jpg




これも2004年。

2000年前後の写真がほとんど無くなってるので、どこかに混じったのが見つかると懐かしい。
寒いっ、という感じが段々すくなくなってるようです。
これも、温暖化かな?と思う時があります。



e0001406_2126598.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-09-02 21:54 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(17)


大魔王の連続お楽しみ週末。
今日はゴルフ。
おかげで私は家でTVをつけずにすみました。

日曜日、NHKのFMラジオで12:15〜14:00「日曜喫茶室」という私の好きな番組があります。
今日その中の面白い話を電話でご近所仲良しの「イサドラ」に後で話して爆笑。
そして、ゲストの一人が目的無くバスに乗る楽しみを語っていました。

「目的無くバスに乗る」のは私もうろごその楽しみです。

この春も。
いつものように。

ある日、路線バスにひょいと乗りました。
ちょっと覗かせてもらえる日常って嬉しいものです。
左下のチケットを買い足していろいろ乗れます

e0001406_21302729.jpg



路線によってはルーブルを通り抜けるので、なんだか楽しい。
結構びゅ〜ん、という感じです。




e0001406_21304898.jpg




ふむふむ、こういうのがあるのね。





e0001406_2131562.jpg



バスの窓ガラスは色が少しついてて、青っぽくみえます。





e0001406_21312174.jpg





金ぴか像のパフォーマンス。

降りてって、急に振り向いて「わっ!」とか言ってみたい。




e0001406_21314078.jpg



人の視線って感じるものなんだな、とよく思います。

この少年,気づきました。
こういう怪訝な顔をしてますが、私がカメラ下げて大袈裟にニコーーーっと笑ったら、手を挙げて微笑んでくれました。

できるな、巴里の少年よ。


e0001406_21315480.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-06-10 21:58 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(16)


一度偶然に入ってからなんとなく気に入ってチャンスがあれば来てしまう教会。


e0001406_22104484.jpg


いろんなところで光の加減も考えて作られてるんだろうな、と思います。
荘厳な雰囲気もたっぷり。

e0001406_22105827.jpg


偶然にミサの時もあるし、まったく人がいないこともあります。


e0001406_22111099.jpg



天井も美しい。


e0001406_22112393.jpg



私も滞在中、一度はどこかの教会でロウソクを買って供えます。


e0001406_22113437.jpg


で、また、うろうろしてるとこんなお店。

e0001406_22114889.jpg


レイアウト、すっきり。
見てるだけでも気持ちいい。

e0001406_2212196.jpg


外にでるとこんな自動販売機もよくみるし。


e0001406_22121627.jpg


歩き疲れると、またコレでした。
やっぱり組合わせのバリエーションの少ない私....。



e0001406_22123198.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-05-01 22:35 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(15)


こちらで知り合ったマダムPさんに今回も会えました。
時々メールで近況を知らせ合い、そして、うろごそ中にお互いの時間が合えば会うようになりました。
今回はよく行かれるお店を予約して下さった。
お久しぶり〜、と、ここでも速攻マダラ顔の私でした。(でも、飲む)

e0001406_23233771.jpg


ここは、美味しいですよ、と。

清潔感があって温かい雰囲気。
すぐに満席になってました。

e0001406_23262262.jpg


Pさんの多分、前菜だったと思う。
運んでくれるお姉さんもお洒落で素敵でした。

e0001406_2327043.jpg


これは私の。
帆立はどこでも新鮮で味が濃くってウマウマでした。



e0001406_2328318.jpg


肉類を食べないだけの「ゆるゆるベジ子」としてはここのうろごそはとっても楽です

e0001406_2331212.jpg


本当に熱々のスフレ。
あっと言う間に食べてしまいました.....。


e0001406_23333284.jpg


ちょっとだけつくお菓子もここで作ってるということでした。
シェフがよく顔を出して、みなさんの様子を見てました。
笑顔であっかる〜い。
食べるところで写真を撮る人が少ないので、ここは結構冒険しました!
(Pさんがカラダで隠してくれたので撮れました)

e0001406_233425100.jpg


Pさんがちょっと立った時にさっと取り出して撮った1枚。

e0001406_23374260.jpg


お店を出て二人で結構な距離散歩をして、
またね、またね、またね〜、とお別れ。

さてさて、少しうろごそ。


e0001406_2339878.jpg


長い、長い、地下鉄の乗り換え。

e0001406_2341429.jpg


邪魔にならないように、っと。
地下鉄もいろいろと個性豊かで面白い。


e0001406_23425117.jpg


歩きつかれたら、アイスクリーム。
今回もワンパターンっぽい私。
でも、前回と少しだけ違う。

e0001406_23442342.jpg


そして、この日も無事にホテルに向かうのでした。
とっても綺麗な女性の警官。
にっこりと笑ってくれた後に撮ってしまった。
ざんねん!


e0001406_23452879.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-25 23:50 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(14)

機内食のベジタリアンミール。
事前に申し込んでおけばどこでもベジタリアンミールを手配してくれます。

いつもまず予算があって(超節約うろごそなので)、近頃はずっと一番安いJ◯Lの直行便でした。
2006年の春まで。

一時期、連続して10回は J◯Lでした。
(それだけの、私の中だけの比較です)
そうすると、往復なので20回はベジ食だったことになります。
ところが値段があまり変わらなくなって前回からANAに久しぶりに変えました。
正直びっくり!
機体はレトロ?なんですが接客の良さとベジなのに美味しくっていいんですか?でした!

今回の行きの便の昼食。
簡単に見える品もいろいろ味に工夫がしてありました。
盛りも綺麗です。

e0001406_227887.jpg


夜にちょっと出るおやつは、みなさんこのアイスクリーム。
私にはラップのサンドイッチがあって、アイスも食べられるのだったらどうぞ、と。
2種類頂きました。
(J◯Lはデニッシュ・ペイストリー)
感激。そういえば昔、このサンドイッチ、出てました。

e0001406_2272098.jpg


着陸3時間前。
シンプルなオムレツですが、いろんな細かい野菜がたくさんはいってスパイシーです。

e0001406_2273115.jpg


2006年の秋の。この時が久しぶりに乗ったANA。

写真が少し残っていました。

e0001406_2274371.jpg


この丸い揚げ物、それぞれにくっきりと味が違ってたことを覚えてます。
人数が少ないベジ食なのにいろいろと変化をつけてるのがわかりました。

e0001406_2275446.jpg


いつかのJ◯Lです。

e0001406_228138.jpg

 
これも。

e0001406_2282432.jpg

暫くはANAで楽しもう。

数日、お休みです。
by hi-vison_1103 | 2007-04-18 22:32 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(13)

ある日。
待ってる時にペネロペ・クルスにそっくりな美形のママがいました。
チャンス!と思ってシャッターを押したらこんなです....
左端。
e0001406_17465294.jpg


この人のサービスでとても心地良かったお店。

e0001406_17491042.jpg


ベジ子の本領発揮。
前菜。
葉ものを生ではあまり食べないけど、ここの組合わせは冷える感じも無くいいなぁと思うものです。

e0001406_17503342.jpg


言葉がいろいろに飛び交い賑やかな店内。
じっと話を聞きながら長居したい。

e0001406_17515732.jpg


私のメイン。
ここのこれは美味しくって、セットメニューの人も別に頼んでいます。
熱々で出て来ます。
底に残るスープは当然パンで拭き取りました。
残しても、ほとんどワインを日中でも頼む、一人うろごそ下戸隊長。
「これ、美味しい〜。何ていうの?」とかなんとか言っちゃってメモノートに書いてもらいました。

e0001406_17553052.jpg


また、ある日。
こういう雰囲気の瞬間。
ついつい撮ってしまいます。

e0001406_17562261.jpg


カジュアルだけど、どこかサッパリとした清潔感のあるところ。
逆光も美し。

e0001406_17572674.jpg


ここでもワイン。
でも、たっぷり残すので「もういいのですか?」と言われる時
「十分です!」とこの速攻マダラ顔を見せると笑って頷いてくれます。
説明より赤マダラ。

e0001406_17593529.jpg

ここでうろごそ中はベジタリアンメニューとはっきり書いたお店も多く過ごしやすいです。
書いてなくても、選択の幅が広い。
この日もベジタリアンメニューがありました。
ほかほかでウマウマ。
一緒に出てくるパン。
さすがに美味しい。

e0001406_1825450.jpg


あ〜、とか、う〜、とか、え〜、だけでどこでもコミュニケーションをとってしまう私なのでありました。


e0001406_1845115.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-17 18:07 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(12)

「入ってみよう」

うろごその基本です。
何という教会か分かりませんでしたが、雰囲気がよかったので、扉を開けてみました。

e0001406_23385399.jpg

シンプルで明るい。

e0001406_2339565.jpg

整然としてますが、人を圧する感じでもなく

e0001406_23391710.jpg

射し込む光も温かで、ゆっくりと歩きました。
すると、一人の方に気づきました。
静かにお祈りをされてました。
e0001406_23392897.jpg


祈る姿が美しくって、つい、シャッターを押してしまいました。


e0001406_23394069.jpg


そこを過ぎると、あ、ジャンヌダルクさん。
「何、こっそり写してるの?」と言われてるようで
ドキッ。
振り向くと

e0001406_23395141.jpg


「祈ってる時はお静かに」

は、はい...。

e0001406_2340297.jpg

反省。

e0001406_23401313.jpg


いい気分で外にでると、花もさらに綺麗。

e0001406_23402867.jpg


広い教会で二人というのも贅沢な時間でした。

e0001406_23403932.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-15 00:01 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(11)

ここはいつも心地のよい「わいわい」した雰囲気があります。
かなり好みです。
壁になっていつまでもこの「わいわい」感を楽しみたい。
右の方の人達、さまになっておりました。
満員で入り口付近、店の外でも人がたくさん待ってます。
e0001406_22223926.jpg

どこでもそうだけど、食事をするところにカメラっていうのはちょっと難しい。
私は、あれ?撮った写真はどうだったかな〜風に顔から離してどこも見ずにボタンをおしてます。
e0001406_22225465.jpg

お隣の人、かっこよかったんだけど、ブレてるし、写ってなかった。
でも、後になってればこういうのもいいものです。

e0001406_2223682.jpg

ここでまたまた、オムレツです。これだけは構えて撮りました。
ちょっとねばっても自分が納得できる一皿だし、軽いし。
注文を取りにくるのも時間がかって、出来上がるのにも時間がかかる。
うろごそ渡世人としては、大助かりです。
ゆっくりと楽しめる。
聞こえたままの音(言葉)を「カタカナ」で書きとめて、こっそりディクティション。
ねいさんからのせっかくのノートはもうブワブワに膨らんで、かつシワシワです。
今でもシミやいろんなものがこのノート紙の上に残ってて、こういうものが一つ一つのうろごその宝になります。

e0001406_222345100.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-10 22:55 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(10)

ある日のお昼ちょっと前、小さなレストランのようなところが目に入りました。
開店前だったけど、どうぞ、とこの黒いパンツスーツのマダムが声をかけてくれました。
入って暫くして、二人のお客さん。
私は注文したのを食べてるところです。
e0001406_22141451.jpg

メニューをゆっくり読んでると(たどたど仏語なので)、いろいろと説明。
私がベジタリアンだと言うと、うーーん、と考えて、これがいいわね。
パスタ。
うまい!
熱々だし。
どこでもそうだけど、「どお?」とか「美味しい?」と途中で必ず声かけてもらうのが嬉しい。
e0001406_22142737.jpg

こういうこざっぱりした感じ。
いいなー。
窓から見える景色も。
e0001406_22143856.jpg

満腹。
コーヒーを飲みながら探索。
人が増えてもゆっくりと食後が過ごせるのもいい。
e0001406_22151241.jpg

出発。
e0001406_22153118.jpg

見上げても絵になるところがたくさん。
e0001406_22154127.jpg

しばらくうろごそを続けてると、いい感じの石。
思わず、ペタペタと叩いてみたりキョロキョロしてると、
「そっちじゃないわよ、こっち〜」と声かけて手招きするベビーカーを押すママさんが。
「は〜い」と手を挙げて返事するお調子者の私。何だろう?
数分後、みんなと一緒に歌ってました。
私が触ってたのは教会の一部、それも裏門の近くだったようです。
それで親切に教えてくれたようです。

続けてると、どんな感じに進むのか段々わかってくるノ図。
e0001406_22155148.jpg

この写真をこっそり撮ってると(最後列だった)、いつの間にか横にいたシルバーマダムがニコッとしながらデジカメをつついてきました。
お茶目!
e0001406_2217982.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-08 22:50 | うろごそParis07春

うろごそParis 07春(9)

うろごその必需品の中のいくつか。
ほぼ毎日の洗濯用の手袋(思いのほかカサカサになるので)
疲れたカラダ用にバスタブに入れるエッセンシャルオイル。
家では勿体ないのでちまちまと使うけど、外ではたっぷりと振り入れる。
これだけのことで一日の疲れが全然違います。
ほんと。
e0001406_23495266.jpg

どこまでも簡素で節約うろごその一番の理由は低予算だから。
一人うろごそは全部、パパさんの財布にはノータッチなのでかなり厳しいです。
その次は自分のスタミナの無さ。
以前の大手術の後、残念ながら1年後にまた病に復帰?してちょっとレ・ミゼラブルな時期。
そのずーーっとあとにバレエで腹筋(普通はしない)をしてみたら.....
1回も出来ない!(以前は平均回数くらいはできました)
最初はみんなまた私が冗談でやってるのかと思っていました。私自身も。
膝を立てする腹筋すら1回も出来ない!
そこで荷物がうまく運べない理由がやっとわかったのでした。
それくらいの荷物で?と時々怪訝な顔をされるけど、マジ。
だからものすごく荷物は減らしてます。
でも、楽しみのものはなるべく持って行きます。
ねいさんからのプレゼントノートは懐石料理教室用にするはずが「うろごそ用」に変更。
e0001406_2350668.jpg

こういう文具はめちゃめちゃ好きです。
分からない時に、もっとコミュニケーションを取りたい時にこういうノートを出します。
「書いて!」とペンと共に差し出すと皆さんちゃんと教えてくれます。
これも楽しみ。
今回もかなり書き込みが残りました。
嬉しいものです。
e0001406_23501866.jpg

3食全部外で食べると、さすがに胃もしんどいので時々は部屋で。
ナイフとフォークは持参します。
一応下戸でもワインを飲む(このサイズで3日分)
ベジ子のうろごそ、日本より困りません。
どちらかというと、こちらの方が、いろいろあるかな?
e0001406_2350312.jpg

デザートはこんなところで。
いや〜、満腹、満腹。
e0001406_23504657.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-04-07 00:31 | うろごそParis07春