絵付け

陶芸の日。
素焼きが出来上がってました。

低温でまず焼く素焼き。
低温って言っても1000℃を越えないという感じで先生は使ってます。
数字に麻痺しそう。




e0001406_23181219.jpg


今のとこ、割れてなかったので、よかった。

パパさんのもやっぱりどうにか通過。



e0001406_23182627.jpg


鼠志野だけど、織部も加える予定の列。



e0001406_23183994.jpg




アツシさんとの以前の話から今回、試してみる自分なりの「橋シリーズ」(予定)。
本焼きで上手くいきますように。

e0001406_23184975.jpg



Y先生は、長い事私の筋肉のバランスを取ってくれる先生。
私のコンディションをよく知ってくれます。
毎週お世話になってますが、うろごそ海外後も自分の感覚に忠実に、とよくおっしゃいます。

人それぞれですが、ベジ子なのに、私は帰って直ぐに玄米はちょっと食べたくありません。
徐々に元に戻ります。

今日もパンが多い。
フレンチトースト。
パンは保存してあった「チクテ」のカンパーニュ。
うろごそで買ったパンは冷凍庫に待機。


e0001406_23194355.jpg


バターだけは買ってきたものを使ってます。
帰る当日に詰める直前をパチリ。



e0001406_23195672.jpg



1ヶ月前くらいから、この地に住む義父母、両方共が具合が悪くなりました。
重くはないものだけど、いろいろとあっちゃこっちゃ。
食事を運んだり、買い物、いろいろ、いろいろ。

うろごその準備もあった時に、ベストなタイミングで「かいたん」から。
色自体も元気がでるものだなぁ、と思ったものでした。
嬉しかったー。

e0001406_23202497.jpg


自分ではもったいなくてなかなか買わない日向夏、じゃんじゃかと食べました。
ユカリさんの「コンフィチュール・ムラカミ」と一緒に。
甘酸っぱいものって、カラダも気分もシャッキーン!
有り難かったです。


(↓うろごそ直前の写真)
e0001406_23203792.jpg


そして、パンを多めに食べながらでもぼちぼちとこんな春の和をたっぷりと食べています。
春の香りと苦みっていいものです。



e0001406_13363.jpg

by hi-vison_1103 | 2008-03-20 23:51 | 陶芸


<< うろごそParis 08春(3) うろごそParis 08春(2) >>