うろごそ・秋(2)


今回の出だしは良かったのでした。


e0001406_211229.jpg




しかし、にわかに空はかき曇り。



e0001406_2113746.jpg


天気はどうにかもったのですが、

あっ!

デジカメもいっしょにロッカーに入れてしまったのでした。
入れてすぐにまた300円を使う太っ腹にはなれませんでした。
ガッカリついでの1枚。




e0001406_2115136.jpg



美味しそうな定食も携帯で。

後は結局撮らず終い。

e0001406_2122766.jpg



とても私らしい、ある日の出来事。
部屋に入って、ゴロンとしてるとこ。





e0001406_2115050.jpg


翌日はとても早いので、早目に寝よう、タイマーをかけよう。
と、夜、どんくさいながらもテキパキ。

私はツインに一人で泊まることがほとんどです。
思いもよらぬ忘れ物をどこでも平気でする私。
寝ないベッドの上だけにどんな物でも(時計でもアクセサリーでもチケットでも、とにかく何でも)置きます。
他には置かない。
一人うろごその自衛策。

この日の翌朝、午前5時50分の乗り物の予約。
4時半にタイマーセット。
熟睡で、朝起床。
結構しっかり寝れてよかった〜、と一安心。

で、時計を見ると、何か変。

そう、時刻は5時半を示していました。
1時間も遅くセットしていたのでした。
「何度も確認したのに」こういう失敗をいつもするので、パパさんに嫌がられてます。
いろんな交通機関の乗り換えがグルングルンと頭の中でまわる。

5時50分のにまず乗らないと、すべてがおじゃん。

荷物はこのベッドの上だけ。
洋服も透明人間が仰向けに寝てるように置いてます。
まず、服を着て、ぐちゃぐちゃの頭に帽子。
ミニトランクをベッドの下に置いて
右手の肘から先をワイパーのようにぐわ〜〜っと動かして
全部の物をトランクの中に落としました。
上手くいった!

「寝坊しましたー!」と転がるようにフロントに行き、
支払い、
昨日予約してたタクシーになだれ込み、駅に到着。
5時50分ちょっと前。
なんとか間に合ったのでした。

人生の中でダントツに濃い20分でした。


(出発前日、出先から戻って翌朝の悲劇を知らないころののんびりとした部屋)
e0001406_21201267.jpg


家に帰ると、ホテルの鍵を持って帰ってました。
すぐにお詫びの電話をして、送りました。
おおぉぉぉ.....

e0001406_21202817.jpg


さて、お客さんも帰られたので、これから自分の仕事にGO!
by hi-vison_1103 | 2007-09-25 22:01 | うろごそ国内


<< うろごそ・秋(3) 帰国 >>