高速で馳せ参じました。


前後の天気の条件がよかったら薬をかけにきませんか?
と数日前に陶芸の先生からお電話を頂いていました。
先生のところは仕事場で教室ではありません。
年間を通してのスケジュールが大まかに有るので私たちが合わせます。
当たり前です。
鼠志野にしたいので、素焼きの前にちょっと手間がかかります。
ゆるゆる鉢。

e0001406_2221082.jpg


その事前の手間の為に急遽、今日でかけてきました。
湿度と乾きとお日様といろいろが必要です。
すっきり鉢

e0001406_2225173.jpg


年に2回しか無いのでチャンスは大事に。
時間かけて描くのもいろいろと終わりました。


e0001406_223364.jpg


「いいんじゃないですか?」と今期、唯一言われたもの。
来週の素焼き、後の薬掛けと、来月の本焼き。
数千本の薪や高温や不眠不休にこれから先生達は向います。
こういう作業が近づいてくると段々神妙モードに毎回なります。
(急いで行ったので、携帯画像)

e0001406_2231920.jpg


家に帰って暫くするとびっくりするくらい新鮮魚が特急でおくられて来ました。
おおおお!
アンちゃんでした。

e0001406_2234042.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-05-20 22:24 | 陶芸


<< 一人うろごそUK 1999年1... 2代目のトランク >>