春ご飯

昨日、露地物の菜の花が「ご飯に使って〜」とのたまふ。
がってん!(野菜と話す怪しい女)
炊き込む時のダシとそのものを混ぜるのに干し貝柱を寝る前に水に浸ける。
ままり鍋で炊いて、煮染めた貝柱などと合わせてお櫃に。
長く使っても杉の香りが健在です。
e0001406_22102669.jpg

タラの芽は「揚げ物にはしないで下さい」とのたまふ。
この苦みが好きなので、ちょっとだけ茹でてダシで味をつける。
豆腐も別鍋で煮て。
椀に豆腐を盛るのが一番難しい。
呉汁なんですが、大豆を細かくしすぎてしまいました。
自分でごはんよそったりして、パパさんも結構楽しんでいました。
e0001406_22104557.jpg

by hi-vison_1103 | 2007-01-31 22:32 | 食べ物


<<  魅力的な梅の木(ぼく) うろごそ  くたびれペア(3) >>