一人うろごそ、Paris(3)

「うろごそ」の本領発揮の日。
前から行きたかった寺院の食堂に出かけました。教会の慈善事業だけど観光客も受け入れるらしい。たくさんあるドアの1つが入り口。
あ、ここ、ここ。
e0001406_22354338.jpg

中に入ると、食堂に向かうドアが。ふむふむ、だいたいわかるかな?
受付に近づきかけると、「観光客ですか?」はい、と答えると「そのまま、どうぞ」
いくらでもよいからお布施するらしかったけど(気持ち)、そのまま進みました。
e0001406_2236970.jpg

並んでる人を見て、どうするのか一生懸命に学習する旅ガラスクロエ。
ワインや他の飲み物はレジで買うみたい。
e0001406_22363964.jpg

もうすぐです。
e0001406_22365536.jpg

前菜がすでに置かれてるので、食べたいもののとこに座る。
私は野菜てんこ盛りのとこに。
e0001406_22373816.jpg

上のすこしブレてしまったご夫人がいろいろとして下さいました。
右の方の魚がたっぷりの前菜に変えなくっていい?と皿を持ち上げて勧めてくれたけど、後のボリュームがわからないのでこのままで、いいですと伝える。
e0001406_22375676.jpg

付け合わせは何にするか?のようなことを聞かれたけど、半分くらいしかわかりませんでした。で、「アリコ」という言葉が聞こえたので、それお願いします。インゲン。
あとで、おとなりを見たら他の野菜も一緒にもらってた。
そうか、半分はわかったな。肉はダメなので魚って言ったらピカタのようなこれが来ました。
シンプルで十分な味でした。
e0001406_22384190.jpg

珍しく甘くないシュークリーム。私はお水だけですませました。
e0001406_22385517.jpg

いろんな人が来ていて、賑やかに食事。お手伝いは教会関係者のボランティアらしい。こざっぱりと身ぎれいにされてるのが素敵でした。次々来るので、おしゃべりはしつつも早めに席を立っていました。私の座ったとこは5人掛けですぐ満席。横には神父さんが座られた。
いろいろと聞こえてくる言葉を聞きながら私も食べる。
こんな時、一人で旅をしてる醍醐味だなぁと思います。
違う土地の雰囲気とそこの人の話し声。
e0001406_2239856.jpg

石で出来てる造りの天井はどこかお洒落。
e0001406_22392082.jpg

帰り間際、受付のマダムに旅行の記念にあなたの写真、撮らせて頂けますか?とお願いしたら、どうぞ、でした。
スッとポーズとられてにっこり。
さすがでございます。
ぶら〜ぼ。
e0001406_22393581.jpg

by hi-vison_1103 | 2006-04-05 23:20 | うろごそParis06春


<< 数年振りにほめられる 一人うろごそ、Paris(2) >>