びっくり・びっくり・びっくり

風邪で実家に居た時に友人からの電話でなんとなく以前どこかで聞いた名前が。
私が大学生時代に時々会ってた他大学の人。
ま、ま、まさか・・でした。
その連絡先を聞いてコンタクトが取れました。
私の里とはまったく関係ないとこに住んでるのに、です。
e0001406_17555987.jpg

大学時代にずっと引き継がれてるバイトがありました。
それを続けていかないと、下級生にも必要なので誰かが。
その年は私が一番時間があったので、私。

塾のようなものだけど、資格を取りに東京へ。
角栄氏の近くの研修センターで外にも出られずに3日。
そして、地元に戻りその働き先へ週数日。

その職場で出会ったのがFUJIKOさんでした。
私が今までで一番びっくりするような美人でした。
そこに来るとみんな思わず見とれてしまう。
映画女優のような感じ。ざっくばらんなとこがまたカッコ良くて。
気が合って引き継ぎの時にいつも喋っていました。
彼女から、美学を学ぶ為にいつか大学院へ行くことを聞きました。
美人が美学、と当時思ったことを覚えています。
そのあと学芸員になって、手紙のやりとりを細々と続けてていつのまにか住所がわからなくなってしまいました。
結婚したての頃電話とったら
「声まで美人てわかるよ」と大魔王。
同意。



私だけどわかる?
もちろん。
で、いろいろやりとりしたら今朝、昨日出かけた先のお土産送るね、と彼女からメール。
長い空白の後、一気にあの頃に戻ってしまいました。
今の私には丁度彼女のような人に聞きたいことがたくさんあって
巡り会うと繋がってくるって本当だな、とおもった年明けでした。
by hi-vison_1103 | 2015-01-05 18:20 | クラフト・アート


<< うろごそParis 14秋・携... うろごそParis13秋携帯(16) >>