新春発熱中

今日の午前2時半にカラダが熱くて熱くて目が覚めました。
職場のスタッフはインフルエンザに罹ったし、大魔王は風邪の治りかけ。
普段なら、薬は一切飲まずに熱を出し切って過ごすのだけど、高齢の母といっしょ。
e0001406_21514717.jpg

う〜んと悩んだけど、母がかかってる昔からの先生に電話。
かくかくしかじか。
どうしたらいいでしょう。
「すぐにこれから往診にいくから。自宅ね。」
ちゃうちゃう、先生、私。娘の方。
「なんだ、お姉ちゃんのほうか」(昔からお世話になってるので、私の事)
今ホテルだと言うと、若先生にかけさせるから、と。

解熱剤があったら少し飲んでみて、切れたときにインフルエンザだったらまた高熱が出るから。
と電話を頂きました。多分普通の風邪と思いますよ。
熱が出たら明日来てください。
って当番でも無いのに申し訳ない。


母は大変恵まれてるなと改めて先生方に感謝しました。
真夜中で悩んだけど、親身さが電話からも感じられて遠くの一人っ子は有り難さで一杯でした。

再び高熱は出なかったので、もう薬は使わずこのまま自然に治っていくのを待つつもり。
息子は「年末とこれだけの移動の疲れ疲れ」と急遽作ってくれた豚汁も美味しく、
まな板の音も軽やか。
色々なことに気づいて発熱も少しは良かった。
ただ今、37度4分。
でも喉はイタタタタタ。

もちろん買ったお節。
by hi-vison_1103 | 2015-01-02 22:25 | 食べ物


<< うろごそParis13秋携帯(16) うろごそParis 14秋・携... >>