かっこいい先生

「それだったらお惣菜」
と先生から稽古中にしょっちゅう聞く言葉。

「家で作るときはどんなにでも好きにして頂戴。でも、ここではきっちり学んで」
あとちょっと残ってるの、盛りつけたら全部うまく分けられるのに、と思う事がよくあります。
でも、美しい適量を器に入れたら残りは他の皿に必ず移します。
恐ろしく長く習ってるけど、それがホントによかったと納得です。
おもいっきりお惣菜。
e0001406_203892.jpg

オエっというくらいの椎茸。20個くらい。生キクラゲもたくさん。海老など、色々。
自家製カンピョウも。
留守してたので、野菜がしみる。

e0001406_2034726.jpg


師匠。ことしの出来はどでしょうか?
冷凍庫から出してもやってます。
by hi-vison_1103 | 2013-09-27 20:10 | 懐石料理教室


<< 山椒のおかげ Northen Ruby(ノー... >>