若女将の味

プチ熱中症の大魔王の食事作りに一日中、献立考える日々。
一日も休まずに出勤。休養と食事だけが薬もどき。

賄い婦没頭の私はこれで、益々玄米が美味しい。
e0001406_073426.jpg

鶏肉、豚肉、青魚、数の子、イクラ、アワビ、牡蠣、サザエ、胡瓜、茄子、生姜、牛蒡、山芋、コンニャク、パン、漬け物、胡麻、きな粉、マヨネーズ、等々。
書こうと思ったらまだまだいくらでも書ける、大魔王の本当は嫌いなもの。
ここまでの偏食家が同業者組合で一番綺麗な血液のオジちゃんになってる、今。
私の作るのがどうしても多量野菜が中心に偏ってしまうので、良い副産物かも。

今晩は冷やしたミネストローネ。それもサイコロ山芋が多めに。
「美味しいなぁ」
と、自分の故郷に戻って来た時は糖尿病境界型だった人。
by hi-vison_1103 | 2013-07-24 00:31 | 食べ物


<< 取り敢えず集中 「楽勝でしょう」 >>