禁断の扉を

10年くらい前の本を取り出してます。
私はカバーを外してしまいますが、
古いのに、これは残してます。

「いつもこころに文法を」
にホントに笑ってしまいます。
この著者のエッセイはずっと好きです。
e0001406_044820.jpg




ゲルマン系、ロマンス系でやめておこうとおもった
スラブ系。

以前から興味はあったけど。

アルファベットは33文字なんだ。
マァ〜マ、パァ〜パって音も美し。

私の常の拠り所は
知らないという自由。
また一人でボソボソゆっくりとやってみよう。

楽しいぜよ。


e0001406_043532.jpg

by hi-vison_1103 | 2013-04-04 00:48 | ロシア語


<< 春爛漫 昨日の晩御飯は >>