「幸運日」

入院中の義母の用事を済ませて帰ったら、ポストにご褒美が。
普段持ち歩く小さな手帳、大事な手帳、懐石教室のノートにこちらの作家さんのものを年がら年中貼ってます。
ご本人も生き方もかっこよくって憧れ御本尊。かわいらしい奥様と共に。
お願いしていた物と一緒にこんな美しいものが入っていました。
これは飾ります。
e0001406_16264927.jpg


リクエストさせて頂いたモノは、分類はせずに全てのことを書き込んでる大事な大型手帳にペタリと。

煩雑な仕事もまずそれを見てから
待ち合いの時間もそれを眺めながら。

いい気分で過ごすと、仕事もスムーズ。


e0001406_16262446.jpg

by hi-vison_1103 | 2012-03-27 16:42 | クラフト・アート


<< 手紙の最後に 真夜中の同窓会 >>