嬉しい嬉しいパン

月曜日に必ず通る道のそばのアンティーク店。
80代のオーナーさんが声かけて下さいました。
「これ、お召し上がりになって」とパンを。
町でよく知られたレストランのオーナーご自身が焼いてるパンだそうです。
へ〜〜〜
私の疾風怒濤の日々を心配して下さったようです。
今日も素敵な着物にフンワリと布の襟巻きをされてお美しい。
帰ってすぐに食べたけど、次々と切って焼いて更に食べてしまいました...
e0001406_20375980.jpg

冬にたくさん食べた美味しい豆。備蓄が無くなったので買ってきました。
どんな料理してもホントにうまうま!
麦・豆・本来の旨味や甘味。
布袋も金属で止めてあるのもちょいとカッコイイ。
ファッロ・セミペラートとスファッラータ。
舌も噛みます。
e0001406_20383067.jpg

by hi-vison_1103 | 2010-03-08 20:57 | 食べ物


<< 入れ子・カフェオレボール3兄弟 酒巻洋子さん「パリのコンフィズリー」 >>