師弟逆転編

ニンジンの葉っぱは苦くて美味しい。
配達野菜の根菜日々です。
タワシでごしごし洗って皮ごと。塩柑橘昆布漬け。
e0001406_1155114.jpg

準備してた昨日、懐石の先生からメールがきました。
「都合のいい時に電話させて」
老人向けの保存食のいろいろを尋ねられました。
ご実家の都合でちょっとまとめて作って送ることになって、私が実家に送り続けてるのを思い出したそうです。
かくかく、しかじか。と、弟子が師匠に。
「あ、そうなのね」と電話の前に先に私が送ったFAXを見ながら聞いていてくれる感じ。
e0001406_116751.jpg

随分と前、パパさんの実家でみんなで食事に出掛けた時のこと。
先生に習ってるような料理の店だったので「こんな料理習ってます」

するとお義父さんが
「そういえば〜の娘もこんな料理教えてるって誰かに聞いたな」
先生の苗字を伝えると旧制中学の同級生だったのでした。
うっそーーーっ
寮も一緒でサッカーを一緒にやってたそうです。でも大学は東京と大阪で別々。
その時、それを懐石の先生に伝えるとお父さんに「知ってる?」
間違いなかったそうです。
「あいつ、まだ生きていたか」
今、87才同士の70代の頃の話。
by hi-vison_1103 | 2010-01-12 11:28 | 好き、の手描き


<< 角皿・総織部の予定 海老芋チップス・塩柚子 >>