霜月の卓

今月の懐石料理教室。
先生がお茶席の室礼用に使われた赤米をまだ飾られてました。
力強い自然の名残り。いい感じです。
e0001406_1639184.jpg

霜月の卓

向   銀杏餅 おろし 出汁
椀   蕪 シメジ 菊花 紅葉麩 三葉 あんかけ
炊   車海老 白芋 春菊 刻み柚子
和   煮菊 もってのほか 法蓮草 椎茸 赤大根 揚 胡麻
御飯  零余子 揚 紅葉人参 三葉

力がつくように、これ全部かかえて食べなさいって。
えーーーっ。
後の会食の時は、困った事を相談したり色々なアドバイスを皆さんから頂いてます。


e0001406_16391255.jpg

これは私から左の人達の取り回し分でした。
冗談まじりに応援してくれるのも有り難いです。



e0001406_16392960.jpg

手間の御敷。
東北LOVERとしては「もってのほか」は嬉しい。

e0001406_16394168.jpg

スタッフ仕事も早く済んだし、片付けはパスさせてもらって帰りました。
義父に届ける弁当の一部は先生に味見お願い。
「うん、美味し」と先生。
ホッ。
今回実家でも好評だったのでお弁当もこれにしました。
by hi-vison_1103 | 2009-11-24 17:01 | 懐石料理教室


<< うろごそParis 09秋(13) うろごそParis 09秋(12) >>